Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

設定ファイルのバックアップ

アップグレードを開始したりテスト用の設定を作成したりする前に、変更を加えた Connection Broker 設定ファイルのバックアップを作成してください。

UNIX では、設定ファイルのバックアップ コピーは手動で作成します。バックアップ元のユーザ固有の設定ファイルは $HOME/.ssh2/ssh-broker-config.xml です。このファイルを、別の任意の場所にコピーします。バックアップしたファイルを再び使用する必要が生じた場合は、このファイルを元の場所に元の名前でコピーします。

Windows では SSH Tectia のアップグレードの間、以前の Connection Broker 設定ファイルのバックアップ コピーが自動的に作成され、次のユーザ固有のディレクトリに保存されます。

"%APPDATA%\SSH\backup-<version>-<date>"

各パラメータは以下の通りです。

<version> は SSH Tectia のリリースです。

<date> はアップグレードの日付です。

Windows では、ユーザ固有の Connection Broker 設定ファイルのデフォルトの場所は「%APPDATA%\SSH\ssh-broker-config.xml」です。Connection Broker 設定ファイルを保存するたびに、古い設定のバックアップが「%APPDATA%\SSH\ssh-broker-config-backup.xml」という名前で保存されます。バックアップしたファイルを再び使用する必要が生じた場合は、このファイルを元の場所に元の名前でコピーします。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===