Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
        リモート ホストに接続する
        クイック接続の定義
        鍵の生成 >>
        証明書の登録 >>
        公開鍵をアップロードする >>
            鍵ファイルの手動コピー
            認証ファイルの手動編集
        SSH Accession Liteで公開鍵認証を使用する >>
        使用例
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

認証ファイルの手動編集

認証ファイルは、ローカルコンピュータ上で編集してからリモートコンピュータに 送るか、あるいは、リモートコンピュータ上で直接編集します。

authorizationファイルのローカルでの編集

  1. ローカルコンピュータ上にauthorizationと呼ばれるテキストファイル を作成します(メモ帳等を使用します)。 テキストエディタ上で、key、1つの空白文字、公開鍵のファイル名 からなる新しい行を追加してください。 例えば、公開鍵ファイルの名前が id_dsa_1024_a.pub の場合は、 以下の行を authorization ファイルに追加してください。
    key id_dsa_1024_a.pub
    
    id_dsa_1024_a.pub の部分を使用する公開鍵のファイル名に入れ替えて ください) 認証に複数の鍵ペアを使う場合は、以下のようにそれぞれを個別の行に記入して ください。
    key pub_key_one.pub 
    key pub_key_two.pub
    
  2. "authorization"というファイル名で保存し、エディタを終了します (ファイル名はダブルクォーテーションマークで囲み、 デフォルトの拡張子である .txtはつけないでください)。
  3. 次に、authorizationファイルを ‾/.ssh2 ディレクトリ (Windows サーバの場合は、ユーザプロファイルディレクトリ下の .ssh2 ディレクトリ)にアップロードします。

UNIX サーバ上でのauthorization ファイルの編集

UNIX サーバ上で、 authorization ファイルを編集することも可能です。

  1. ターミナル ウィンドウを使ってそのホストに接続します。 自分のホーム ディレクトリには、.ssh2 サブディレクトリが含まれて いるはずです。このフォルダ名はピリオドで始まっています。
  2. まず、現在のディレクトリが自分のホーム ディレクトリであることを確認 してください。 リモート ホストのコマンド プロンプトに次のコマンドを入力し、 [Enter] キーを押します。
    cd
    
  3. コマンド プロンプトに次のコマンドを入力し、 .ssh2 サブディレクトリを開きます。
    cd .ssh2
    
  4. .ssh2 サブディレクトリには、authorization という 名前のテキスト ファイルが含まれているはずです。 このテキスト ファイルを編集し、ファイル内の独立した行に公開鍵のファイル名を 追加しなければなりません。 authorization ファイルがまだ存在していない場合は、ここで作成します。
  5. お好みのテキスト エディタ名の後に authorization という文字 を続けたものをパラメータとして入力し、テキスト エディタを起動します。 たとえば、Pico というテキストエディタを使用する場合、 リモート ホストのコマンド プロンプトに次のように入力します。
    pico authorization
    
  6. テキストエディタ上で、key、1つの空白文字、公開鍵のファイル名 からなる新しい行を追加してください。 例えば、公開鍵ファイルの名前が id_dsa_1024_a.pub の場合は、 以下の行を authorization ファイルに追加してください。
    key id_dsa_1024_a.pub
    
  7. authorization ファイルを保存し、テキスト エディタを閉じます。

これで、次回ログイン時に公開鍵認証が機能するはずです。 公開鍵認証が機能しない場合は、公開鍵ファイル名が authorization として正しく入力されているか、およびリモート ホストの .ssh2 ディレクトリに正しい公開鍵ファイルが配置されているかを確認します。 また、[クイック接続]で接続したなら、認証方法として 公開鍵が選択されているかをチェックします。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===