Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

CA証明書の管理

[設定]ダイアログボックスの[CA証明書]ページでは、 信頼された認証局(CA)を管理することができます。 詳細については、SSH Tectia Client/Server Product Description をご参照ください。


client-cacertificates-page-48.gif
Figure : 信頼された認証局

CA 証明書の一覧

利用可能なCA証明書は、CA証明書ページ上部のCA証明書の一覧に 表示されます。

CA証明書の一覧には、以下のフィールドが表示されます。

  • 発行先

    [発行先] フィールドには、証明書の発行先のエンティティが表示されます。

  • 発行者

    [発行者] フィールドには、CA証明書の発行元のエンティティが表示されます。

  • 有効期限

    [有効期限] フィールドには、CA証明書の期限が切れる日付が表示されます。

  • 期限切CRLの使用

    このフィールドは、期限切後のCRLを使用する時間(秒)が表示されます。

ボタン

以下のボタンが、CA証明書の操作で使用可能です。

  • インポート...

    [インポート...] ボタンをクリックして、CA 証明書を外部ファイルから インポートします。 [証明書のインポート - ファイル選択]ダイアログ ボックスが 開き、保存された証明書ファイルのフォルダを参照することができます。

  • 表示...

    [表示...]ボタンをクリックすると、選択したCA証明書意の内容を表示します。

  • 変更

    [変更]ボタンをクリックすると、選択した証明書の編集ができます。

  • 削除

    [削除]ボタンをクリックすると、選択したCA証明書を削除します。

CRL チェック

[無効]チェックボックスを選択すると、証明書失効リスト(CRL)を 使用しなくなります。 CRL は、サーバ証明書が失効しているかどうかチェックするのに使われます。

注意:CRL チェックを無効にすることはセキュリティ上危険ですので、 テスト目的以外では使わないでください。

エンドポイント同一性チェック

サーバのホスト名 (DNS アドレス)が、サーバ証明書内の Subject Name あるいは Subject Alternative Name の項目と一致するかの検証を行うかどうかを 指定します。

このチェックボックスが非撰択の場合、サーバホスト証明書中の項目は検証 されず、有効期限とCRLチェックのみに基いて証明書が受け入れられます。 クライアントがエンドポイント同一性チェックを無効化した場合、 サーバホスト証明書を発行したのと同一の信頼されたCAによって発行された 証明書を持つ誰かが、サーバ上で man-in-the-middle (中間者)攻撃を行うことが 可能となるというセキュリティ上の危険性があることにご注意ください。

OCSP レスポンダ URL

OCSPレスポンダサービスは、OCSP (Online Certificate Status Protocol) を用いて証明書の有効性ステータスについてのリアルタイム情報を取得する ための重要な制御をクライアントアプリケーションに提供します。 OCSPの詳細については、RFC 2560 をご参照ください。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===