Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

OpenSSH によって生成された鍵の使用

SSH Tectia Client では、OpenSSH によって生成されたユーザ鍵のペアもサポートされています。OpenSSH 鍵は、ssh-broker-config.xml ファイルで key-stores エレメントを使用することによって指定できます。設定の例を以下に示します。

<key-stores>
  <key-store type="software" 
             init="key_files(/home/exa/keys/id_dsa.pub,/home/exa/keys/id_dsa)" />
  <key-store type="software" 
             init="directory(path(/home/exa/.ssh))" />
</key-stores>

この例では、id_dsa という名前の鍵と、ユーザのデフォルトの OpenSSH 鍵のディレクトリ (ユーザのホーム ディレクトリの下にある .ssh) のすべての鍵を追加しています。

Windows では、SSH Tectia 構成ツールの [鍵と証明書] ページで OpenSSH 鍵とディレクトリを追加できます。鍵と証明書の管理項を参照してください。

公開鍵は、標準の SSH2 鍵と同じ方法でサーバにアップロードできます。手動での公開鍵のアップロード項および公開鍵の自動アップロード (Windows)項を参照してください。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===