Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Tectia

OpenSSH によって生成された鍵の使用

SSH Tectia Client では、OpenSSH によって生成されたユーザ鍵のペアもサポートされています。OpenSSH 鍵は、ssh-broker-config.xml ファイルで key-stores エレメントを使用することによって指定できます。設定の例を以下に示します。

<key-stores>
  <key-store type="software" 
             init="key_files(/home/exa/keys/id_dsa.pub,/home/exa/keys/id_dsa)" />
  <key-store type="software" 
             init="directory(path(/home/exa/.ssh))" />
</key-stores>

この例では、id_dsa という名前の鍵と、ユーザのデフォルトの OpenSSH 鍵のディレクトリ (ユーザのホーム ディレクトリの下にある .ssh) のすべての鍵を追加しています。

Windows では、SSH Tectia 構成ツールの [鍵と証明書] ページで OpenSSH 鍵とディレクトリを追加できます。鍵と証明書の管理項を参照してください。

公開鍵は、標準の SSH2 鍵と同じ方法でサーバにアップロードできます。手動での公開鍵のアップロード項および公開鍵の自動アップロード (Windows)項を参照してください。



Want to see how PrivX can help your organisation?

Are you a DEVELOPER accessing cloud hosts, are you a IT ADMIN managing access & credentials in your corporation, are you BUSINESS MANAGER and want to save money or are you responsible of IT SECURITY in DevOps