Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Tectia

OpenSSH によって生成された鍵の使用

SSH Tectia Client では、OpenSSH によって生成されたユーザ鍵のペアもサポートされています。OpenSSH 鍵は、ssh-broker-config.xml ファイルで key-stores エレメントを使用することによって指定できます。設定の例を以下に示します。

<key-stores>
  <key-store type="software" 
             init="key_files(/home/exa/keys/id_dsa.pub,/home/exa/keys/id_dsa)" />
  <key-store type="software" 
             init="directory(path(/home/exa/.ssh))" />
</key-stores>

この例では、id_dsa という名前の鍵と、ユーザのデフォルトの OpenSSH 鍵のディレクトリ (ユーザのホーム ディレクトリの下にある .ssh) のすべての鍵を追加しています。

Windows では、SSH Tectia 構成ツールの [鍵と証明書] ページで OpenSSH 鍵とディレクトリを追加できます。鍵と証明書の管理項を参照してください。

公開鍵は、標準の SSH2 鍵と同じ方法でサーバにアップロードできます。手動での公開鍵のアップロード項および公開鍵の自動アップロード (Windows)項を参照してください。


 

 
What to read next:

  • Reduce Secure Shell risk. Get to know the NIST 7966.



    The NISTIR 7966 guideline from the Computer Security Division of NIST is a direct call to action for organizations regardless of industry and is a mandate for the US Federal government.
    Download now
  • ISACA Practitioner Guide for SSH



    With contributions from practitioners, specialists and SSH.COM experts, the ISACA “SSH: Practitioner Considerations” guide is vital best practice from the compliance and audit community.
    Download now