Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

GSSAPI を使用したユーザ認証

GSSAPI (Generic Security Service Application Programming Interface) は、メカニズムに依存しない方法で、アプリケーション用にセキュリティ サービスを提供する機能インターフェイスです。これによって、1 つの標準化された API を介して、さまざまなセキュリティ メカニズムを使用できます。GSSAPI は、その共通メカニズムである Kerberos とよく関連付けられます。

Kerberos ライブラリは、デフォルトでは Linux プラットフォームにインストールされます。また、その他多くの UNIX プラットフォームでも利用可能ですが、別途インストールする必要があります。

Windows では、GSSAPI を Kerberos と組み合わせることによって、Windows 2000/2003 ネットワーク用に統合された認証機能が実現されます。ローカル アカウントはマシンの境界を越えて転送できないため、この方法は、ドメイン アカウントを利用します。

GSSAPI による認証には設定以外のユーザ インターフェイスはありません。ユーザに対しては何もたずねません。GSSAPI の交換中に何かが失敗した場合、その原因がクライアントのデバッグ ログに表示されます。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===