SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
        リモート ホストに接続する
        クイック接続の定義
        鍵の生成 >>
        証明書の登録 >>
        公開鍵をアップロードする >>
            鍵ファイルの手動コピー
            認証ファイルの手動編集
        SSH Accession Liteで公開鍵認証を使用する >>
        使用例
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

鍵ファイルの手動コピー

公開鍵ファイルを手動でサーバにコピーする最も簡単な方法は次のとおりです。

  1. 設定] ダイアログ ボックスにおいて、 あるいは[編集] メニューの [設定] をクリックして [プロファイル設定] ページを開き、 [ユーザー設定フォルダ] にある [開く...] ボタンを クリックします。 自分のユーザー設定を保管したフォルダが開きます。 このフォルダには、UserKeys というサブフォルダが含まれています。
  2. UserKeys フォルダをダブルクリックして開きます。 自分のユーザー鍵が含まれているフォルダが開かれます。 リモート ホストにコピーしたい公開鍵が含まれたファイルを選択します。 公開鍵には、.pub という拡張子が付いている点にご注意ください。 必ず .pub という拡張子が付いたファイルをコピーするよう注意 してください。 同じ名前で拡張子が付いていないファイルがありますが、 これはセキュアに保つ必要のある秘密鍵ですので このファイルはコピーしないよう注意してください!
  3. Ctrl + C キー を押すか、ファイル アイコンをマウスで右クリック して、ポップアップ メニューの [コピー] をクリックして、 選択されたファイルを Windows のクリップボードにコピーします。
  4. ここで、リモート ホスト サーバに接続し、 「ファイル転送ウィンドウ」 の 項の記述に従い、ファイル転送ウィンドウを開きます。 ユーザーのホーム ディレクトリには、 .ssh2 という サブディレクトリが含まれているはずです。 .ssh2 ディレクトリが表示されない場合は、[表示] メニューを において、[隠しファイルを表示] が選択されているかを確認します。
  5. .ssh2 ディレクトリを開き、クリップボードにコピーしておいた 公開鍵ファイルをこのディレクトリに貼り付けます (Ctrl + V キーを押すか、 マウスを右クリックしてポップアップ メニューの [貼り付け] を選択します)。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.