SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ユーザ鍵の管理

ユーザーの公開鍵認証で使用される鍵ペアは、[設定] ダイアログ ボックス の [ユーザー鍵] ページで管理できます。

公開鍵認証を行う前に、あなた自身用の鍵ペアを生成する必要があります。 そして公開鍵をリモート ホスト上のホームディレクトリにアップロードする 必要があります。 また、新しい鍵で接続するために、authorizationファイルを修正する 必要があります。 詳細については、 「鍵の生成」 の項をご参照ください。

注意:秘密鍵は常に秘密にしておく必要があります。 これは、ほかのユーザーとローカル コンピュータを共有する場合に重要になります。 このような場合、ローカル ディスク、およびネットワーク経由でコピーされる ディレクトリ(Windowsのローミングプロファイル機能を使う場合等) に秘密鍵を保存しておくことはお勧めできません。

ユーザー鍵ファイルの詳細については、 「公開鍵認証を使用する」の項をご参照ください。


client-userkeys-page-40.gif
Figure : [設定] ダイアログ ボックスの [ユーザー鍵] ページ

秘密鍵ファイル一覧

秘密鍵ファイル一覧 ([ユーザー鍵] ページの上部) には、秘密鍵が 保存されているファイルが表示されます。 公開鍵は、拡張子 .pub が付けられているだけで、秘密鍵と同じファイル名 であるため、表示されません。

  • 秘密鍵のファイル名

    秘密鍵のファイル名の列には、秘密鍵のファイル名が表示されます。

  • コメント

    [コメント] の列には、(もしあるならば)秘密鍵に関連したコメントが 表示されます。

ボタン

秘密鍵リストの下には、鍵ファイルの管理を行ういくつかのボタンがあります。

  • 新しい鍵ペアの生成...

    新しい公開鍵と秘密鍵の鍵ペアを生成するには、[新しい鍵ペアの生成...] をクリックします。 [鍵生成]ウィザードが表示されます。この手順の詳細については、 「鍵生成ウィザード」の項をご参照ください。

  • インポート...

    鍵ペアをインポートするには、[インポート...] ボタンをクリックします。 [鍵ペアのインポート - ファイルの選択] ダイアログ ボックスが表示されるので、インポートする鍵ペアを選択します。

  • 削除

    秘密鍵ファイル一覧から鍵ファイルを選択し、[削除] をクリックすると、 ローカル コンピュータから鍵ファイルが削除されます。

  • パスフレーズの変更...

    秘密鍵ファイルを秘密鍵ファイル一覧から選択し、[パスフレーズの変更...] をクリックすると、その鍵のパスフレーズを変更できます。

  • エクスポート...

    秘密鍵ファイル一覧から鍵ファイルを選択し、[エクスポート...] ボタンをクリックすると、 鍵ペアをエクスポートします。[フォルダの選択] ダイアログ ボックスが表示されるので、エクスポートしたファイルを置く 場所を選択します。

  • アップロード...

    リモート サーバに接続中に [アップロード...] をクリックすると、 選択された公開鍵を自動的にアップロードします。 この手順の詳細については、 「公開鍵をアップロードする」 の項をご参照ください。

  • 表示...

    以前に生成した 秘密鍵ファイルを秘密鍵ファイル一覧から選択し、 [表示...] をクリックすると、対応する公開鍵がメモ帳で 表示されます。

  • 設定...

    ボタンをクリックすると、ssh2.exe コマンドラインツールが 使用するidentification ファイルに、認証に使用する鍵を書き込みます。 秘密鍵ファイル一覧に表示されているすべての秘密鍵が、identification ファイルに書き込まれます。 もし、使用しない鍵がある場合は、identificationファイルから手動で 削除する必要があります。

    identificationファイルはユーザ設定フォルダに置かれます。 実際のディレクトリは、[設定]ダイアログの[プロファイル設定] ページに表示されます。 詳細については「プロファイル設定の定義」の項をご参照ください。

    もし、以前のバージョンのidentificationがある場合は、上書きされます。 上書きを行ってよいかを問合せる確認のダイアログボックスが表示されます。

    コマンドライン版クライアントであるssh2.exeの詳細については、付録の 「SSH2」 の項をご参照ください。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.