Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
        スタートアップ時のエラー ダイアログ>>
        操作中に表示されるエラー ダイアログ >>
            認証の失敗
            切断の確認
            ファイルの上書きを確認
            接続の失敗
            切断 : 認証エラー
            切断
            パスコードの入力
            秘密鍵のパスフレーズの入力
            PIN を入力
            名前の変更のエラー
            受信用トンネルを作成できませんでした
            ホスト識別
            ホストを識別できませんでした
            新しい PIN
            PAM 応答
            PFX の完全性チェックに必要なパスワード
            リモート ホストで SSH1 プロトコルを使用しています
            パスフレーズの不一致
            パスワードの不一致 - 再入力
        PKCS #11 鍵>>
        SSH1 特有のエラー メッセージ >>
    コマンドラインツール >>

受信用トンネルを作成できませんでした

このエラーメッセージは、システムが要求されたトンネルを作成できなかったことを 示しています。

考えられる理由:

  • 最も一般的な原因として、同じ名前のトンネルが既にあることが 考えられます。同じサーバに接続した別のクライアントによって同じ 名前のトンネルが作成されている場合があります。
  • システムに複数の SSH ユーザーが存在する場合、複数の使用可能な ポートがすでにに使用されていることがあります。この場合は、空いている ポートを探し再度試みます。
  • それ以外の原因として、要求されたポートを開く権限がユーザーに与えられ ていない場合もあります。接続ポートを開くことを制限するというような セキュリティ上のポリシーをシステム管理者が設定していることがあります。 これは、特に受信ポートに関しては一般的なことです。 システム管理者にローカル ポリシーを確認してください。 1024番より下のポートを開くことができるのは、ルート権限のあるシステム管理者 だけである点にもご注意ください。

このエラー メッセージは、受信用および送信用の両方のトンネルについて、 それぞれ個別に表示されます。つまり、両方のトンネル作成が失敗したときは、 2 つのエラー メッセージが別々に表示されます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===