Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
        リモート ホストに接続する>>
            接続のパラメータ
            ホスト識別の確認
            共通ホスト鍵の定義
        プロファイルの定義 >>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

接続のパラメータ

[リモート ホストに接続] ダイアログ ボックスでは、新しい 接続のためのホスト名 (またはIP アドレス)、ユーザー名、 ポート番号、および認証方法を指定します。


client-connecttoremotehost-56.gif
Figure : リモート ホストから認証される

接続を閉じる前に設定を保存していたなら、クライアントは、以前の接続状況を 記憶しています。 よって、同じホストに次に接続する場合、同じ情報を再入力する 必要はありません。

  • ホスト名

    リモート ホストの名前(または IP アドレス) をこのフィールドに入力します。 初めて接続する場合以外は、前回使用した接続時のホスト名が[ホスト名] フィールドに表示されています。同じコンピュータに接続する場合、こ のフィールドを編集する必要はありません。

  • ユーザー名

    リモート ホスト上のユーザ名をこのフィールドに入力します。 初めて接続する場合以外は、前回使用した接続時のユーザ名が[ユーザ名] フィールドに表示されています。同じユーザ名で接続する場合、このフィールド を編集する必要はありません。

  • ポート

    このフィールドには接続に使用するポートの番号を入力します。 SSH接続の標準のポートは 22 です。 前の接続で使用したポートがこのフィールドに入力されます。

  • 認証方法

    プルダウン メニューから使用する認証方法を選択します。 選択できるのは、[パスワード]、[公開鍵]、 [SecurID(旧式)]、[PAM(旧式)]、 [対話的キーボート認証]、[GSSAPI] および [<プロファイル設定>] です。

    • パスワード

      パスワード認証を使ってログインする場合、リモート ホストへの新しい接続を 確立するたびに自分のパスワードを毎回入力する必要があります。

    • 公開鍵

      公開鍵認証は電子署名の利用を基礎としています。 公開鍵認証を使用したい場合、まず鍵ペアのファイルを作成する必要があります。 詳細については「鍵の生成」 の項をご参照ください。

      公開鍵認証によりログインするには、公開鍵をリモート ホストにアップロードする 必要があります。 詳細については 「公開鍵をアップロードする」) の項をご参照ください。

      公開鍵の使用についてのより詳細な情報については、「公開鍵認証を使用する」の項をご参照ください。

    • SecurID (旧式)

      SecurID 認証を使用するには、ログインに必要な数字コードを生成する SecurID デバイスが必要です。旧式の方法は相互接続性のためにサポートされて います。代りに対話的キーボード認証を使用することをお勧めします。

    • PAM (旧式)

      PAM (Pluggable Authentication Module) は、特に UNIX プラットフォームに おいて広く使用されている認証方法です。旧式の方法は相互接続性のために サポートされています。 代りに対話的キーボード認証を使用することをお勧めします。

    • 対話的キーボード認証

      対話的キーボード認証は、SSH クライアントが異なるいくつかの種類の認証方式を サポートできるようにするために用意されています。 対話的キーボード認証の詳細については、 SSH Tectia Client/Server Product Description をご参照ください。

    • GSSAPI

      GSSAPI (Generic Security Service Application Programming Interface) は、一つの標準化されたAPIを介して異なるセキュリティ機構が利用できる ようにします。 GSSAPIの詳細については、SSH Tectia Client/Server Product Descriptionをご参照ください。

    • <プロファイル設定>

      有効なプロファイルに指定されている認証方法が使用されます。 プロファイル別の認証方法の定義は、[設定] ダイアログ ボックスの [接続] ページで行うことができます (詳細については、「接続設定の定義」 の項をご参照ください)。

  • 接続

    このボタンをクリックすると、リモート ホストに接続します。

  • キャンセル

    接続を中止する場合、[キャンセル] ボタンをクリックします。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===