Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

コマンド ライン オプションの使用

コマンド ライン(コマンド プロンプト)から SSH Tectia Client を操作すると 便利な場合があります。

SSH Tectia Client (SshClient.exe)のコマンド ラインの構文は 以下のとおりです。

sshclient [-r] [-p ポート] [-u ユーザー名] [-h ホスト名] [プロファイル.ssh2]

コマンド ライン パラメータの意味は以下のとおりです。

  • -r

    -rオプションは、ユーザ インターフェイス (ツールバーおよびメニュー) についてカスタマイズした設定をすべて初期化します。 確認のダイアログ ボックスが表示されます。

  • -p [ポート]

    -pオプションは、接続に使用するポートを指定します。 このオプションを指定しない場合、デフォルトプロファイルの中に定義された ポートが使用されます。

  • -u [ユーザー名]

    -uオプションは、接続に使用するユーザー名を指定します。 このオプションを指定しない場合、デフォルトプロファイルの中に定義された ユーザー名が使用されます。

  • -h [ホスト名]

    -hオプションは、接続に使用するホスト名を指定します。 このオプションを指定しない場合、デフォルトプロファイルの中で定義された ホスト名が使用されます。

  • [プロファイル.ssh2]

    プロファイルを指定したい場合、コマンド ラインの最後のオプションにする必要 があります。 すべてのコマンド ライン パラメータは、プロファイル設定で上書きされます。 プロファイルが指定されない場合、デフォルトプロファイル (default.ssh2) が使用されます。

  • -f

    -f (あるいは /f)オプションは、デフォルトの SFTP ファイル転送プロファイルを起動します。

たとえば下記のコマンドを実行すると、remotehost という名前の ホストへ guest というユーザ名でただちに接続を開始します。 ポートは指定されていないので、この接続ではデフォルトプロファイルで 指定されたポートが使用されます。

sshclient -h remotehost -u guest

次のコマンドを使用すると、custom.ssh2 というプロファイル ファイルに 定義された設定を使用して remotehost への接続をすぐに開始します。

sshclient -h remotehost custom.ssh2

-h オプションを使用したホスト名の指定が無く、またプロファイルの指定も ない場合、ログイン ダイアログ ボックスが表示され、コマンド ライン上に 指定された値が自動的に入力されます。

たとえば次のコマンドを実行すると、ログイン ダイアログ ボックスが表示され、 ポートが 222 に、ユーザー名が guest に設定されます。

sshclient -u guest -p 222

注意: SSH Tectia Client のコマンドラインバージョンは Windows クライアントに付属しています。 コマンドラインクライアントである SSH2.EXE は、SSH Tectia Client の UNIX バージョンの移植版であり、Windows のコマンドライン環境で動作するように したものです。 SSH2.EXE の構文の詳細については、付録の 「ssh.exe」 の項をご参照ください。

Windowsクライアントには、ほかにもいくつかのコマンド ラインクライアントが 付属しています。詳細については、付録の「コマンドラインツール」 の項をご参照ください。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===