SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

証明書の管理

PKI (Public Key Infrastructure: 公開鍵インフラストラクチャ) とは、 電子証明書を使用して認証の信頼性と拡張性を高めるシステムです。 証明書による認証を行うには、まず CA (認証局) のソフトウェアを使用して 証明書を作成する必要があります。 証明書の詳細については、SSH Tectia Client/Server Product Description をご参照ください。

[設定] ダイアログ ボックスの [証明書] ページを使って、 ユーザの証明書を管理できます。


client-certificates-page-41.gif
Figure : [証明書] ページ

証明書の一覧

使用可能な証明書は、[証明書] ページの上部にある 証明書の一覧に表示されます。 以下の項目が証明書の一覧に表示されます。

  • 発行先

    このフィールドには、証明書の発行先のエンティティが表示されます。

  • 発行者

    このフィールドには、証明書の発行元のエンティティが表示されます。

  • 有効期限

    このフィールドには、証明書の期限が切れる日付が表示されます。

ボタン

以下のボタンが、証明書の操作で使用できます。

  • インポート...

    [インポート...] ボタンをクリックして、ユーザ証明書をインポート します。 ファイル選択のダイアログ ボックスが開き、 フォルダを参照して保存されている証明書ファイルを選択することができます。

  • 登録...

    登録プロトコル

    [登録...] ボタンをクリックすると、 [証明書登録]ウィザードが開始されます。 このウィザードを使用して、CA (認証局) に証明書の発行を要求します。 SSH Tectia Client は、CMPv2登録プロトコルをサポートしています。

    この手順の詳細については、「証明書登録ウィザード」 の項をご参照ください。

  • 表示...

    [表示...] ボタンをクリックすると、 選択した証明書の内容を表示します。

  • パスフレーズの変更...

    [パスフレーズの変更...] ボタン をクリックすると、選択した証明書に関連付けられる秘密鍵のための新しい パスフレーズを入力できます。

  • 削除

    [削除] ボタンをクリックすると、選択した証明書を削除します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.