Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
            書式
            説明
            コマンド
            オプション
            
        ssh-certview >>

書式

CMPクライアントの使い方は以下のとおりです。

ssh-cmpclient コマンド [オプション] アクセス [名前]

コマンドは次のいずれかとなります。

     INITIALIZE psk|racerts keypair template
     ENROLL certs|racerts keypair template
     UPDATE certs [keypair]
     POLL psk|certs|racerts id

     RECOVER psk|certs|racerts template
     REVOKE psk|certs|racerts template
     TUNNEL racerts template

ほとんどのコマンドで、以下のオプションが使用できます。
      -B              サブジェクトキーをバックアップします。
      -o プレフィックス  結果をプレフィックスをつけてファイルに保存します。
      -O ファイル名   指定したファイルに結果を保存します。
                      1つ以上の結果ファイルがある場合は、2つ目以降は無視
                      されます。
      -C ファイル名   CA 証明書のファイルを指定します。
      -S url          CAにアクセスするためのSOCKSサーバを指定します。
      -H url          CAにアクセスするためのHTTPプロキシを指定します。
      -E              PoP by encryption (CA証明書に必要).
      -v num          CAのプロトコルバージョン(1 または 2)を指定します。
                      デフォルトは 2 です。
      -y              ノンインタラクティブモード。
                      すべての質問に'y'を応答します。
      -N ファイル名   乱数プールに混ぜるためのファイルを指定します。

以下のIDはオプションを指定するために使われます。
     psk      -p refnum:key (参照番号と事前共有鍵)
              -p ファイル名 (refnum:key が記述されているファイル)
              -i 回数 (反復回数、デフォルトは 1024)
     certs    -c ファイル名 (証明書ファイル) -k url (秘密鍵URL) 
     racerts  -R ファイル名 (RA証明書ファイル) -k url (RA秘密鍵URL)
     keypair  -P url (秘密鍵URL)
     id       -I 番号 (ポーリングID)
     template -T ファイル名 (証明書テンプレート)
              -s subject-ldap[;type=value]
              -u key-usage-name[;key-usage-name]
              -U extended-key-usage-name[;extended-key-usage-name]
     access   CAがリクエストを聴取しているURL。
     name     CAを発行するためのLDAP名 (-C が与えられていない場合)。

Key URLは、外部の鍵のパス、あるいは以下のフォーマットです。

鍵を生成するときの"savetype" は以下のいずれかです。
 - ssh2, secsh2, secsh (SSH2 鍵)
 - ssh1, secsh1 (旧式の SSH1 鍵)
 - pkcs1 (PKCS #1 形式)
 - pkcs8s (パスフレーズで保護された PKCS #8, "shrouded PKCS #8")
 - pkcs8 (プレーンテキスト PKCS #8)
 - x509 (SSH独自の X.509 ライブラリの鍵)

     -h 使用方法メッセージを表示。
     -F 鍵用途拡張と鍵タイプ指示を表示。
     -e コマンドライン例を表示。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===