SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
            書式
            説明
            コマンド
            オプション
            
        ssh-certview >>

コマンド

ssh-cmpclient コマンドラインツールのコマンドのキーワードを 以下に示します。コマンドの3文字目以降は省略することができます。 コマンドは、大文字小文字の区別はありません。 ユーザは、それぞれのコマンドで必ずCAのURLを指定する必要があります。 ここで"ユーザ"という用語は実行者、プログラム、ハードウェアデバイスを 意味します。

  • INITIALIZE

    ユーザの初期証明書を要求します。リクエストは、参照番号とそれに対応する鍵 (PSK) で認証されます。これらはCAあるはRAから別途入手しておく必要があります。

    ユーザは、PSK、非対称鍵ペア、サブジェクト名を指定しなければなりません。

  • ENROLL

    鍵のための有効な証明書をユーザがすでに持っている場合に、新しい証明書を 要求します。 このリクエストは、公開鍵を使って認証することを除けばinitialize と同様です。

  • POLL

    要求がすぐに受け入れられない場合に証明書取得のためにポーリングします。

  • UPDATE

    既存の証明書の更新(入れ替え)を要求します。 発行される証明書は既存の証明書とほぼ同様です (名前、フラグ、および他の拡張)。 ユーザは鍵を変更でき、また有効期限はCAによって更新されます。 この要求は既存の鍵ペアと証明書によって認証されます。

  • RECOVER

    バックアップされた鍵のリカバリを要求します。 このリクエストは、PSKベース、あるいは証明書ベースで認証されます。 テンプレートによって秘密鍵が既にバックアップされていて、リカバリすべきか どうかが規定されます。 ユーザは、自分自身でバックアップした鍵のリカバリしかできません。

  • REVOKE

    テンプレートで指定された鍵の失効を要求します。 要求の認証は、PSK、あるいは失効するサブジェクトと同じユーザの証明書で 行われます。

  • TUNNEL

    RAトンネルモードで操作します。リクエスト、およびコマンドラインに 基づく追加の変更(サブジェクト名、alternative名および拡張)を読込みます。 要求を承認して、それをCAに送信します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.