Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Tectia

scpg3 および sftpg3 コマンドによるセキュアなファイル転送

SSH Tectia Client には、セキュアなファイル転送のために scpg3 (セキュア コピー) コマンドと sftpg3 コマンドが用意されています。これらのコマンドライン クライアントでは SFTP (Secure File Transfer Protocol) を利用します。

scpg3 および sftpg3 コマンドによってファイルがアップロードされている間、ファイルの TRUNCATE フラグがオンになります。ファイル転送が完了するまで、ファイルのサイズは 0 と表示されます。

これらのセキュアなファイル転送コマンドは暗号化操作と認証タスクの処理を Connection Broker に依存するため、まだブローカーが実行されていない場合は run-by-need (必要に応じて実行) モードで Connection Broker (ssh-broker-g3 プロセス) を起動します。

複数のファイル転送コマンドを同時に開始するスクリプトで scpg3 および sftpg3 コマンドライン クライアントを使用する場合は、Connection Broker がバックグラウンドで実行中である必要があります。Connection Broker が起動してから実行中の状態になるまでは数秒かかるため、スクリプトの開始が早すぎないことを確認してください。開始が早すぎると、Connection Broker がまだ起動中の場合にスクリプトが失敗する可能性があります。

Connection Broker を起動するには、ssh-broker-g3 コマンドを実行します。詳細については、ssh-broker-g3(1)を参照してください。


 

 
What to read next:

  • Reduce Secure Shell risk. Get to know the NIST 7966.



    The NISTIR 7966 guideline from the Computer Security Division of NIST is a direct call to action for organizations regardless of industry and is a mandate for the US Federal government.
    Download now
  • ISACA Practitioner Guide for SSH



    With contributions from practitioners, specialists and SSH.COM experts, the ISACA “SSH: Practitioner Considerations” guide is vital best practice from the compliance and audit community.
    Download now