SSH Tectia

UNIX でのファイルの場所

UNIX プラットフォームでは、SSH Tectia Client のファイルは以下のディレクトリにあります。

  • /etc/ssh2

    • /etc/ssh2/ssh-broker-config.xml: グローバルの Connection Broker 設定ファイル (ssh-broker-config(5)を参照)

    • /etc/ssh2/ssh-broker-config-example.xml: Connection Broker の設定例を含むサンプル ファイル

    • /etc/ssh2/licenses: ライセンス ファイルのディレクトリ (ライセンス項を参照)。

    • /etc/ssh2/hostkeys: 既知のリモート ホスト鍵用のグローバル ディレクトリ

    • /etc/ssh2/ssh-tectia/auxdata/ssh-broker-ng: Connection Broker 設定ファイルの DTD ディレクトリ

      • /etc/ssh2/ssh-tectia/auxdata/ssh-broker-ng/ssh-broker-config-default.xml: 工場出荷時のデフォルト設定を示すサンプル ファイル (ssh-broker-config(5)を参照)

  • /opt/tectia/bin: sshg3ssh-broker-g3 などのユーザ バイナリ

  • /opt/tectia/man: SSH Tectia Client の man ページ

  • /opt/tectia/libexec: ライブラリ バイナリ

  • /opt/tectia/lib/sshsecsh: ライブラリ バイナリ

ユーザ固有の設定ファイルは、以下のディレクトリに保存されます。

  • $HOME/.ssh2: ユーザ鍵のデフォルトのディレクトリ

    • $HOME/.ssh2/ssh-broker-config.xml: ユーザ固有の Connection Broker 設定ファイル

    • $HOME/.ssh2/random_seed: 乱数生成用の種ファイル

    • $HOME/.ssh2/hostkeys: 既知のリモート ホスト鍵用のユーザ固有のディレクトリ

    • $HOME/.ssh2/identification: (オプション) 公開鍵認証で使用される identification ファイル