Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Tectia

Linux on IBM System z でのインストール

SSH Tectia Server for Linux on IBM System z には、SSH Tectia Client と同じ方法でインストールできるクライアント側ツールが含まれています。

SSH Tectia Server for Linux on IBM System z とクライアント側ツールの両方のインストール ファイルが、ssh-tectia-server-ibm-z-<version>-linux-s390-comm.tar というインストール バンドルに含まれています。Linux on IBM System z のサポートされるすべての バージョンで、同じインストール パッケージを使用できます。Linux on IBM System z のインストール パッケージは、インストール CD-ROM の /install/linux/ ディレクトリにあります。

RPM (Red Hat Package Manager) のバイナリ パッケージが含まれているオンライン インストール パッケージをダウンロードします。インストールには、SSH Tectia Server とクライアント側ツールの共通コンポーネントのパッケージ、およびクライアントに固有のコンポーネントのパッケージの 2 つが必要になります。

SSH Tectia Server for Linux on IBM System z のクライアント側ツールをインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. Linux on IBM System z のインストール パッケージを選択します。

    ssh-tectia-common-<version>-linux-s390.rpm
    ssh-tectia-client-<version>-linux-s390.rpm 

    コマンド中の <version> は、6.0.9.31 など、製品リリースのバージョンおよび現在の Build 番号を表します。

  2. root 権限でパッケージをインストールします。

    # rpm -Uvh ssh-tectia-common-<version>-linux-s390.rpm
    # rpm -Uvh ssh-tectia-client-<version>-linux-s390.rpm 
  3. ライセンス ファイルを /etc/ssh2/licenses ディレクトリにコピーします ライセンス項も参照してください。


 

 
PrivX
 

 

 
What to read next:

  • Reduce Secure Shell risk. Get to know the NIST 7966.



    The NISTIR 7966 guideline from the Computer Security Division of NIST is a direct call to action for organizations regardless of industry and is a mandate for the US Federal government.
    Download now
  • ISACA Practitioner Guide for SSH



    With contributions from practitioners, specialists and SSH.COM experts, the ISACA “SSH: Practitioner Considerations” guide is vital best practice from the compliance and audit community.
    Download now