SSH Tectia

VMware ESX でのインストール

SSH Tectia Client は、以下の 2 通りの方法で VMware ESX にインストールできます。

  • VMware ESX Server の Service Console に直接インストールする。本項では、この方法について説明します。

  • サポートされるバージョンのオペレーティング システムを実行している VMware ゲスト ホストにインストールする。前述のプラットフォーム固有のインストールに関する説明を参照してください。

SSH Tectia の機能は、OpenSSH に代わるものとして、VMware ESX Server の Service Console でテスト済みです。

[注意]注意

SSH Tectia Client ソフトウェアは、VMware ESX のアップグレードのたびに再インストールが必要になる場合があることに留意してください。

SSH Tectia Client を VMware ESX Service Console に直接インストールする場合は、x86 プラットフォーム アーキテクチャ用の SSH Tectia Linux インストール パッケージを使用します。ダウンロードしたオンライン インストール パッケージには、RPM インストール ファイルが含まれています。Linux 用のインストール パッケージは、インストール用 CD-ROM の /install/linux/ ディレクトリにあります。

インストールには、SSH Tectia Client および Server の共通コンポーネントのパッケージ、および SSH Tectia Client に固有のコンポーネントのパッケージの 2 つが必要になります。

VMware ESX Service Console に SSH Tectia Client をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. インストール パッケージをダウンロードします。

    ssh-tectia-common-<version>-linux-x86.rpm
    ssh-tectia-client-<version>-linux-x86.rpm 

    コマンド中の <version> は、6.0.9.31 など、製品リリースのバージョンおよび現在の Build 番号を表します。

  2. root 権限でパッケージをインストールします。

    # rpm -Uvh ssh-tectia-common-<version>-linux-x86.rpm
    # rpm -Uvh ssh-tectia-client-<version>-linux-x86.rpm 
  3. ライセンス ファイルを /etc/ssh2/licenses ディレクトリにコピーします (メンテナンス アップデートでは不要です)。ライセンス項も参照してください。