Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

VMware ESX でのインストール

SSH Tectia Client は、以下の 2 通りの方法で VMware ESX にインストールできます。

  • VMware ESX Server の Service Console に直接インストールする。本項では、この方法について説明します。

  • サポートされるバージョンのオペレーティング システムを実行している VMware ゲスト ホストにインストールする。前述のプラットフォーム固有のインストールに関する説明を参照してください。

SSH Tectia の機能は、OpenSSH に代わるものとして、VMware ESX Server の Service Console でテスト済みです。

[注意]注意

SSH Tectia Client ソフトウェアは、VMware ESX のアップグレードのたびに再インストールが必要になる場合があることに留意してください。

SSH Tectia Client を VMware ESX Service Console に直接インストールする場合は、x86 プラットフォーム アーキテクチャ用の SSH Tectia Linux インストール パッケージを使用します。ダウンロードしたオンライン インストール パッケージには、RPM インストール ファイルが含まれています。Linux 用のインストール パッケージは、インストール用 CD-ROM の /install/linux/ ディレクトリにあります。

インストールには、SSH Tectia Client および Server の共通コンポーネントのパッケージ、および SSH Tectia Client に固有のコンポーネントのパッケージの 2 つが必要になります。

VMware ESX Service Console に SSH Tectia Client をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. インストール パッケージをダウンロードします。

    ssh-tectia-common-<version>-linux-x86.rpm
    ssh-tectia-client-<version>-linux-x86.rpm 

    コマンド中の <version> は、6.0.9.31 など、製品リリースのバージョンおよび現在の Build 番号を表します。

  2. root 権限でパッケージをインストールします。

    # rpm -Uvh ssh-tectia-common-<version>-linux-x86.rpm
    # rpm -Uvh ssh-tectia-client-<version>-linux-x86.rpm 
  3. ライセンス ファイルを /etc/ssh2/licenses ディレクトリにコピーします (メンテナンス アップデートでは不要です)。ライセンス項も参照してください。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===