Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Tectia

第 5 章 認証

SSH Tectia クライアント/サーバ ソリューション によって使用される SecureShell プロトコルによって、相互認証機能が提供されます。この機能では、クライアントがサーバを認証し、サーバがクライアント ユーザを認証します。クライアントとサーバの双方で接続先および接続元を確実に識別できます。

リモートの SecureShell サーバ ホストが、従来の公開鍵認証か、または証明書認証のいずれかを使用して、自身を認証できます。

さまざまな方法を使用して、SecureShell クライアント ユーザを認証できます。これらの認証方法は、必要な機能およびセキュリティのレベルに応じて、複数の方法を組み合わせて、または個別に使用できます。

ユーザ認証方法

図 5.1. ユーザ認証方法

SSH Tectia Client がデフォルトで使用するユーザ認証方法は、公開鍵、パスワード、キーボードインタラクティブ、および GSSAPI 認証です。公開鍵認証方法は、公開鍵と証明書による認証を組み合わせたものです。

認証方法に関する参照情報については、http://www.ssh.com/resources/ にあるテクニカル ノート『SSH Tectia Client/Server User Authentication Methods』を参照してください。


 

 
Highlights from the SSH.COM blog:

  • Cryptomining with the SSH protocol: what big enterprises need to know about it

    Cryptomining malware is primarily thought of as targeting desktops and laptops and is used to hijack system resources to mine cryptocurrency.
    Read more
  • SLAM the door shut on traditional privileged access management

    Did you know that something as trivial-sounding as granting access for your developers or third parties to a product development environment can throw a gorilla-sized monkey wrench into your operations and productivity?
    Read more
  • We broke the IT security perimeter

    Everyone understands the concept of a security perimeter. You only gain access if you are identified and authorized to do so.
    Read more