SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
            global.dat
            ssh2_config
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ssh2_config

ssh2_config ファイルは、インストールディレクトリにあります。

GSSAPI 設定

クライアントとサーバの両方でよく似た設定データフォーマットを使用します。

GSSAPIメソッドの名前は gssapi です。 ssh2_configsshd2_config 設定ファイルの中で、 AllowedAuthentications キーワードで指定します。

GSSAPI.AllowedMethodsGSSAPI.DelegateToken の 2つの追加された GSSAPI関連キーワードがあります。

GSSAPI.AllowedMethods は、GSSAPIで使用される実際の方式を指定します。 Windows では、Kerberos5NTLM が使用できます。 デフォルトは Kerberos,NTLM です。 .

GSSAPI.DelegateToken は真偽値で yes または no が指定できます。 これは、リクエストをトークンに委任するかどうかを指定します。 デフォルトの値は no です。

以下に ssh2_config 設定ファイルのGSSAPIの設定例を示します。

        AllowedAuthentications  "gssapi,password"
        GSSAPI.AllowedMethods   "ntlm,kerberos"
        GSSAPI.DelegateToken    yes

GSSAPIは、[リモートホストに接続]ダイアログボックスの中、 および[認証]ページの中のオプションです。 この設定はプロファイルごとに個別に保存されます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.