Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
            ファイル名のサポート
            書式
            オプション
            sftp2 のコマンド
            sftp2 コマンドの解釈
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

sftp2 のコマンド

sftp2 でコマンド入力が可能になると、sftp>というプロンプト が表示されます。次のコマンドのうちいずれかを入力します。

  • open ホスト名 ユーザ名

    指定したホストへの接続を試みます。

  • localopen

    ローカル接続を開きます。これはデバッグとテスト用です。

  • close

    現在のセッションを閉じます。

  • quit

    アプリケーションを終了します。

  • cd ディレクトリ

    作業中のリモート ディレクトリを変更します。

  • lcd ディレクトリ

    作業中のローカル ディレクトリを変更します。 ネットワークボリュームでも使用できます。

  • pwd

    作業中のリモート ディレクトリ名を表示します。

  • lpwd

    作業中のローカル ディレクトリ名を表示します。

  • ls [-R] [-l] [ファイル ...]

    リモート サーバ上のファイル名を一覧表示します。ディレクトリの場合、 ディレクトリの内容が一覧表示されます。

    -R オプションを指定すると、ディレクトリ構造が再帰的に一覧表示されます (デフォルトでは、引数のディレクトリのサブ ディレクトリは表示されません)。

    -l オプションを指定すると、ファイル サイズ、更新日時、許可属性 および所有者 (ファイル システムでサポートされている場合) が表示されます。

    引数が与えられていない場合、現在のディレクトリの内容の一覧が表示されること になっています。現行の -R および -l オプションは互換性がありません。

  • lls [-R] [-l] [ファイル ...]

    lsと同様ですが、ローカル ファイルで作動します。

  • get [ファイル ...]

    リモート側からローカル側へ指定したファイルを転送します。 ディレクトリは、その内容も含め再帰的にコピーされます。

  • mget [ファイル ...]

    get と同様です。

  • put [ファイル ...]

    ローカル側からリモート側へ指定したファイルを転送します。 ディレクトリは、その内容も含め再帰的にコピーされます。

  • mput [ファイル ...]

    put と同様です。

  • setperm [[p]ファイル許可属性[:ディレクトリ許可属性]]

    デフォルトのアップロード用のファイルとディレクトリの許可属性値 を指定します。 ファイル許可属性の指定は p で始まります。 許可属性の値は8進数で指定します。 デフォルトの値は、ファイルが 644 でディレクトリが 755 です。

  • rename source target

    ファイル名を source から targetへリネームします。

  • lrename source target

    renameと同様ですが、ローカルファイルに対して行われます。

  • rm ファイル

    指定したファイルの削除を試みます。

  • lrm ファイル

    rmと同様ですが、ローカルファイルに対して行われます。

  • mkdir ディレクトリ

    指定したディレクトリの作成を試みます。

  • lmkdir ディレクトリ

    mkdirと同様ですが、ローカルディレクトリに対して行われます。

  • rmdir ディレクトリ

    指定したディレクトリの削除を試みます。

  • lrmdir ディレクトリ

    rmdirと同様ですが、ローカルディレクトリに対して行われます。

  • help [トピック]

    トピックが与えられていない場合、可能なトピックの一覧を表示します。 トピックが与えられてる場合、そのトピックに関するオンライン ヘルプを表示します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===