SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
            ファイル名のサポート
            書式
            オプション
            sftp2 のコマンド
            sftp2 コマンドの解釈
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

sftp2 コマンドの解釈

sftp2では、コマンド ラインでバックスラッシュ(¥) および引用符記号(")が使用できます。 バックスラッシュを使用すると、コマンドラインの解釈時に特殊文字の意味を すべて無視します。バックスラッシュに続く文字が特殊文字でない場合でも、 除去されます。

引用符記号は、スペースが入ったファイル名を指定するときに使用されます。

また、'get .' または 'put .' を使うと、現在のディレクトリ内の すべてのファイルのgetやputができ、上書きも可能です。

sftp2 はワイルド カード (glob パターンとも呼ばれます) を サポートしており、 lsllsget、および put コマンドにおいて使用することができます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.