Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2
            ファイル名のサポート
            書式
            オプション
            scp2 の返り値
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

scp2

scp2.exeは Unix のscp2 ツールの Windows版です。

scp2 (Secure Copy 2) を使用すると、ネットワーク上でファイルを セキュアにコピーできます。 このプログラムでは、データ転送に SSH プロトコルバージョン 2 を使用します。 また、ssh2 と同じ認証方式を使用し、同レベルのセキュリティを 確保します。scp2 は、必要に応じて、認証用のパスワードまたは パスフレーズの入力を要求することもあります。

ファイル名には、そのファイルのコピー先またはコピー元であるホストを特定でき るように、ホスト、ユーザー、ポートの名前を含めることができます。2 つのリモ ート ホスト間のコピーも可能です。

scp2 は、グラフィカルクライアントの SSH Tectia Client と同じホスト鍵 とユーザ鍵を使用します。デフォルトでは、これらのファイルはユーザー設定フォルダ と同じディレクトリに保存されます。-k スイッチを使用すると、 任意の場所を保存先として指定することができます。 構成によっては、証明書による認証を scp2 で使用できますが、 scp2 の主な用途はスクリプティングなので、証明書の使用は お勧めいたしません。

Windows上では、scp2.exe は、ssh2.exe を転送に使います。 従って、設定や認証機能はssh2.exe の物がそのまま使われます。

scp2 には、SSHバージョン1 プロトコル へのフォールバック機能はありません。

ファイル名のサポート

書式

オプション

scp2 の返り値

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===