Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

印刷

印刷の設定は、[設定] ダイアログ ボックスの [印刷] のページで行います。


client-printing-page-54.gif
Figure : [設定] ダイアログ ボックスの [印刷] ページ

  • プリンタのフォント

    印刷時の[フォント名]とフォントの[サイズ]を選択します。 システムにインストールされている固定幅 (非プロポーショナル) フォントの いずれかが選択可能です。

  • 余白 (mm)

    印刷時のページ余白の幅を選択します。 ページの上下左右の余白を個別に指定することができます。 デフォルトの余白は、すべて 10 mm です。

  • ヘッダーとフッター

    印刷ページに印刷する追加情報を選択します。

    ページの左上には、ターミナル ウィンドウのタイトルが表示されます (例:remotehost - SSH Tectia Client)。

    ページの右上には、そのページが印刷された日時が表示されます (例:2003/11/15, 11:10)。 日時の形式は、Windows で使用されているものと同じです。

    ページの右下には、ページ番号が表示されます (例:1/2)。

  • パススルー印刷

    パススルー印刷を指定すると、ターミナルエミューレーションで使用しているコードで 印刷することができます。

    rawモードでは、SSH Tectia Client は印刷データをプレーンテキストとしてプリンタへ送ります。 このモードでは、例えば行グラフィックの印刷は機能しません。

    rawではない場合、SSH Tectia Client は印刷データを画像としてプリンタへ送ります。 これがデフォルト設定であり、問題がなければこの設定を使用してください。 しかし、一部の古いプリンタは画像の印刷をサポートしていない場合があります。

    • raw モードを使用

      選択すると、rawモードで印刷データがプリンタにそのまま送られます。 印刷の問題が起きたときに、チェックしたりはずしたりしてみてください。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===