SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
        ターミナル ウィンドウ >>
        ファイル転送ウィンドウ >>
            ファイル転送のタイトル バー
            ファイル転送ウィンドウのメニューバー
            ファイル転送ウィンドウのツールバー
            ファイル転送ウィンドウのステータス バー
            ローカルビュー
            ローカルフォルダビュー
            リモートビュー
            リモートフォルダビュー
            転送ビュー
            ファイル転送ウィンドウの操作
            ファイル転送ウィンドウのショートカット メニュー
        ツールバーについて >>
        メニューについて >>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ファイル転送ウィンドウの操作

以下の方法で、ローカルビュー、あるいはリモートビューのカレントディレクトリを 変更することが出来ます。

  • 表示されているフォルダをダブルクリックしてフォルダを開きます。 ファイルバーの[上へ]ボタンを クリックして一つ上のディレクトに 戻ることが出来ます。 ローカルビューでは、Windowsデスクトップが表示される まで[上へ]ボタンをクリックし、マイ コンピュータ アイコンをダブルクリックして、他のドライブに移動することができます。
  • ファイルバーのお気に入りのドロップダウンリストから他のドライブや ディレクトリを選択することもできます。 [設定]ダイアログボックスの[ローカルのお気に入り] ページで、ローカルのお気に入りリストを編集することができます (詳細については、「ローカルのお気に入りの定義」の項をご参照ください)。 また、[設定]ダイアログの[リモートのお気に入り]ページで、 リモートのお気に入りリストを編集することが出来ます (詳細については、「リモートのお気に入りの定義」の項をご参照ください)。
  • お気に入りのドロップダウンリストでパス名 (例:C:¥Program Files./.ssh2)を入力し、 Enterキーを押すことによってもディレクトリを移動することができます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.