Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ファイル転送モードの定義

[設定] ダイアログ ボックスの [モード] ページでは、 どのファイルにアスキーモードを適用して転送するかを設定します。


client-mode-page-51.gif
Figure : ファイル転送モードの選択

ファイル転送モード

デフォルトのファイル転送モードは、次のオプションから選択できます。

  • アスキー

    デフォルトで、すべてのファイルがアスキーモードで転送されます。

  • バイナリ

    デフォルトで、すべてのファイルがバイナリ モードで転送されます。

  • 自動選択

    アスキー拡張子の一覧に指定された拡張子を持つファイルは、 アスキーモードで転送されます。 その他のファイルは、バイナリ モードで転送されます。

アスキー拡張子

アスキー拡張子の一覧に指定された拡張子を持つファイルは、 アスキーモードで転送されます。

  • 新規

    [新規] ボタン (アスキー拡張子一覧の右上にあるボタンの左側) をクリックすると、新しい拡張子を一覧に追加できます。 このボタンのショートカット キーは、Ins キーです。

    拡張子の指定には、ワイルド カードを使用することができます。? 記号は任意の 1 文字を表し、* 記号は 0 文字以上の文字列を表します。 例えば、htm*htmhtmlの両方に一致します。

  • 削除

    不要な拡張子のエントリを一覧から選択し、[削除] ボタン (アスキー拡張子一覧の右上にあるボタンの右側) をクリックすると、 拡張子を削除することができます。 このボタンのショートカット キーは、Delete キーです。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===