Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
            接続設定の定義
            暗号の選択
            認証方法の選択
            色の選択
            キーボード設定の定義
            キーマップ エディタの使用
            アプリケーションのトンネリング
            ファイル転送設定の定義
            お気に入りの定義
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

キーボード設定の定義

接続で使用するキーボード設定は、[設定] ダイアログ ボックスの [キーボード] ページを使用して行います。 キーボードのマッピングは、新しい接続を開始したり、ターミナルのリセット を行わなうと適用されます。


client-keyboard-page-24.gif
Figure : [設定] ダイアログ ボックスの [キーボード] ページ

  • ユーザー定義キーマップ ファイル

    このオプションを使用して、追加のキーボード ショートカットを作成したり、 既存のショートカットを修正したりすることができます。 追加のキー マッピングは、.sshmap ファイル拡張子を持つ、 個別のファイルに保存されます。 現在のキーマップ ファイルは、テキスト フィールドに表示されます。

    現在のキーのマッピングは、[編集] ボタンをクリックして [キーマップ エディタ] ダイアログ ボックスを開いて 変更することができます。 キーマップ エディタの詳細については、 「キーマップ エディタの使用」 の項をご参照ください。

    すでに定義されたほかのキーマップ設定ファイルが存在する場合、 テキスト フィールドにパスとファイル名を入力するか、 テキスト フィールドの右隣に表示されるボタンをクリックして、 そのファイルを読み込むことができます。 このボタンをクリックすると、[ファイルを開く] ダイアログ ボックス が開き、他のキーマップ ファイルを選択できます。

  • Backspace キーで Delete を送る

    Backspace キーに Delete 機能を割り当てたい場合、 [Backspace キーで Delete を送る] チェック ボックスを選択します。

  • Delete キーで Backspace を送る

    Delete キーに Backspace 機能を割り当てたい場合、 [Delete キーで Backspace を送る] チェック ボックスを選択します。

  • Enter キーで CR + LF を送る

    Enter キーを押した際に CR + LF (キャリッジ リターン文字とライン フィード文字 の両方) を送りたい場合は、[Enter キーで CR + LF を送る] チェック ボックスを選択します。 選択しない場合、ライン フィード文字のみが送られます。

  • ファンクション キーをロック

    ファンクション キーをロックしたい場合は、 [ファンクション キーをロック] チェック ボックスを選択します。

  • 行を折り返す

    ターミナル ウィンドウの端でテキスト行を折り返したい場合は、 [行を折り返す] チェック ボックスを選択します。 デフォルトでは、[行を折り返す] チェック ボックスはオンになっています。

  • Alt キーをメタ キーとして使用(Escape を送る)

    Alt キーを Esc キーと同様にメタ キーとして機能させたい 場合、[Alt キーをメタ キーとして使用(Escape を送る)] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオンにした場合、 たとえば Alt+x のキーを押すことで、Esc キーの後に x を押したときと同様の機能を実行できます。

  • テンキーの入力モード

    通常のキーボードの右側にあるテンキーに、どのような機能を実行させるかを 選択します。

    数字を入力 : 数字の入力に使用します。

    制御キーとして使用 : アプリケーションのコントロールに使用します (矢印キー、Home キー、End キー、Page Up キー、 Page Down キー、Insert キー、 Delete キーの代用として使用)。

  • 漢字エンコーディング

    リモート ホスト上での日本語エンコーディングの設定を指定します。

    次のエンコード方式を選択できます。

    • EUC-JP

      EUC-JP エンコーディング システムを使用します。

    • JIS

      JIS 7 ビット エンコーディング方式を使用します。

    • S-JIS

      Shift-JIS エンコーディング方式を使用します。

    SSH Secure Shell サーバが Windows で実行されている場合、 Shift-JIS エンコーディング方式を使用する必要があります。 一方 多くのUNIX サーバは、デフォルトで EUC-JP エンコーディング方式を サポートします。

  • 漢字イン、漢字アウト

    ドロップダウン メニューからエスケープ シーケンス文字を選択します。 エスケープ シーケンスは、全角の漢字文字が、7 ビット JIS エンコーディング方式を 使用する場合にテキスト中で使用されます。

    漢字インで利用できる値は、^[$@ または ^[$B です。

    漢字アウトで利用できる値は、^[(B または ^[(J です。

  • 半角カタカナに SI/SO を使用

    リモート ホストが、JIS エンコーディングの半角カタカナをサポートしている場合に、 このチェック ボックスをオンにします。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===