SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
        リモート ホストに接続する
        クイック接続の定義
        鍵の生成 >>
            鍵生成ウィザード
            鍵の生成 - 開始
            鍵の生成 - 鍵のプロパティ
            鍵の生成 - 生成
            鍵の生成 - パスフレーズの入力
            鍵の生成 - 完了
        証明書の登録 >>
        公開鍵をアップロードする >>
        SSH Accession Liteで公開鍵認証を使用する >>
        使用例
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

鍵生成ウィザード

新しい鍵ペアを生成するには、[設定]ダイアログ ボックスの [ユーザー鍵] ページを開きます。 次に、[新しい鍵ペアの生成] をクリックして 鍵生成ウィザードを開始します。

このウィザードでは、2 つの鍵、つまり秘密鍵と公開鍵のファイルを生成します。 秘密鍵ファイルには拡張子は付きません。 公開鍵のファイル名は秘密鍵と同じですが、.pubという拡張子が付きます。 これらの鍵ファイルは、ローカル コンピュータのユーザー設定フォルダに 保管されます。


client-userkeys-page-7.gif
Figure : 鍵ペアが生成された状態の [ユーザー鍵] ページ

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.