SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
        スタートアップ時のエラー ダイアログ>>
        操作中に表示されるエラー ダイアログ >>
            認証の失敗
            切断の確認
            ファイルの上書きを確認
            接続の失敗
            切断 : 認証エラー
            切断
            パスコードの入力
            秘密鍵のパスフレーズの入力
            PIN を入力
            名前の変更のエラー
            受信用トンネルを作成できませんでした
            ホスト識別
            ホストを識別できませんでした
            新しい PIN
            PAM 応答
            PFX の完全性チェックに必要なパスワード
            リモート ホストで SSH1 プロトコルを使用しています
            パスフレーズの不一致
            パスワードの不一致 - 再入力
        PKCS #11 鍵>>
        SSH1 特有のエラー メッセージ >>
    コマンドラインツール >>

ホスト識別

公開鍵認証を使ってリモート ホストに初めて接続する際、リモート ホスト 自身を識別するための公開鍵がリモート ホストからローカル コンピュータに 送信されます。 接続しようとしているリモート ホストが本物かどうか確認できるよう、 [ホスト識別] ダイアログ ボックス内にそのホストの公開鍵に対する フィンガープリントが表示されます。 フィンガープリントは読み上げ可能な SSH Babble フォーマット により表示されます。 このフォーマットは英小文字 5 つずつをハイフンでつなげた形式です。 受信した公開鍵が偽である疑いがあるときは、例えばリモート ホストの システム管理者に電話するなどして、フィンガープリントが正しいかどうか 確認してもらうなどの処置をとることができます。

[はい]をクリックするとホスト鍵をローカル データベースに 保存します。保存することをお勧めします。 ホスト鍵を保存すれば、同じローカル コンピュータから同じリモート ホストに 接続するときに、このダイアログ ボックスにその都度応対する必要がなくなります。

ホスト鍵を保存しないときは、[いいえ] をクリックします。 この場合、普通に接続することはできますが、同じホストに次回接続するとき にもホストは公開鍵を送信してくるので、その公開鍵をローカル コンピュータ に保存するかどうか確認するメッセージが再び表示されます。

[キャンセル] をクリックし、接続をキャンセルすることもできます。 この場合、認証は失敗となり、接続はキャンセルされます。 ホスト鍵は保存されず、ローカル コンピュータはリモート ホストに接続されません。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.