Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
        ターミナル ウィンドウ >>
        ファイル転送ウィンドウ >>
        ツールバーについて >>
        メニューについて >>
            [ファイル]メニュー
            [編集]メニュー
            ターミナル ウィンドウの[表示]メニュー
            ファイル転送ウィンドウの[表示]メニュー
            ファイル転送ウィンドウの[操作]メニュー
            [ウィンドウ]メニュー
            [ヘルプ]メニュー
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

[ファイル]メニュー

[ファイル] メニューでは、設定ファイルの処理や接続/切断を操作行うことが できます。

設定の保存

[設定の保存] を選択すると、現在の設定に対して加えた変更内容を 保存します。 設定が保存されるデフォルトの設定ファイルは、 default.ssh2です。 また同時にグローバル設定は global.dat に保存されます。

現在の設定を新たな設定ファイルに保存する場合は、[プロファイル] の [プロファイルの追加] をクリックします (詳細については、「プロファイルの定義」 の項をご参照ください)。

レイアウトの保存

[レイアウトの保存] を選択すると、現在の設定に 対して加えた変更内容とウィンドウのレイアウトを保存します。

クイック接続

[ファイル] メニューから [クイック接続] オプションを 選択すると、デフォルトの設定を使用して新しい接続を開始します。 詳細については、「クイック接続オプションの定義」の項をご参照ください。

プロファイル

[ファイル] メニューから [プロファイル] メニューを選択すると、 [プロファイル] メニューが開きます。 プロファイルの使用方法の詳細については、「プロファイルの定義」の項をご参照ください。

印刷

[印刷] オプションを使って、現在のスクロールバック バッファの 内容をプリンタに出力します。 印刷の詳細については、「印刷」の項をご参照ください。

[印刷] オプションはターミナルウィンドウでのみ使用できます。

印刷プレビュー

[印刷プレビュー] オプションを選択すると、ターミナル ウィンドウ のスクロールバック バッファの内容がページ単位に分割され、 スクロールバック バッファが印刷時と同じように表示されます。 印刷プレビューについての詳細は、 「印刷プレビュー」の項をご参照ください。

[印刷プレビュー] オプションはターミナルウィンドウでのみ使用できます。

ページ設定

[ページ設定] オプションはでは、 ページが印刷されるときの状態を指定することができます。 詳細については、「印刷」の項をご参照ください。

[ページ設定] オプションはターミナルウィンドウでのみ使用できます。

セッションを記録

[セッションを記録] を選択すると、現在のターミナル セッション全体の 履歴をファイルに保存します。

[セッションを記録] が選択されると、 [名前をつけて保存] ダイアログ ボックスが表示され、 ログファイルのファイル名をたずねられます。 ファイルが存在しない場合はファイルを作成し、接続における履歴を 記録します。 もう一度 [セッションを記録] を選択すると、ログ出力を停止します。

ログ出力がアクティブのときには、[セッションを記録] メニュー オプションの左にチェックマークが表示されます。

[セッションを記録] オプションはターミナルウィンドウでのみ 使用できます。

接続

[接続] を選択すると、リモート ホストへの SSH 接続を新たに確立します。 [リモート ホストに接続] ダイアログ ボックスが表示されるので、 新規に接続するためのホスト名(または IP アドレス)、 ユーザー名およびパスワードを指定します。

接続していない状態の場合、 Enter キーまたは Space キー を押して新たに接続を確立することもできます。

注意:[接続]オプション は、どのリモート ホストにも接続していない ときにのみ有効です。 まったく新たに、別の SSH 接続を確立したい場合は、 [クイック接続] をクリックします。

切断

[切断] を選択すると、現在の接続をリモート ホストから切断します。 [切断の確認] ダイアログ ボックスが表示され、 本当に切断するかどうかの確認を求められます。 [キャンセル] をクリックすると接続は維持され、 [はい] をクリックすると終了します。

注意:1 つの接続に対して複数のウィンドウ (すなわち複数のセッション) を開くことができます。 たとえば、ターミナル ウィンドウとファイル転送ウィンドウを 1 つずつ開く ことが可能です。 切断の処理は特定の 1 つの接続に対して行われますが、その結果、 その接続に関係しているウィンドウはすべて閉じられます。

ただし、別に起動したクライアントから開始された接続については、 切断処理の影響は受けません。 切断処理は、選択された接続とそれに基づくすべてのウィンドウを終了します が、別の独立した接続は終了しません。

終了

[終了] を選択すると、 SSH Tectia Client が終了します。 [終了の確認] ダイアログ ボックスが表示され、 本当に終了するかどうかの確認を求められます。 [キャンセル] をクリックすると、その SSH Tectia Client は起動したまま の状態になり、[はい] をクリックすると終了します。

注意:1 つの接続に対して複数のウィンドウ (すなわち複数のセッション) を開くことができます。 たとえば、ターミナル ウィンドウとファイル転送ウィンドウを 1 つずつ開く ことが可能です。 切断の処理は特定の 1 つの接続に対して行われますが、その結果、 その接続に関係しているウィンドウはすべて閉じられます。

ただし、別に起動したクライアントから開始された接続については、 切断処理の影響は受けません。 切断処理は、選択された接続とそれに基づくすべてのウィンドウを終了します が、別の独立した接続は終了しません。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===