SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
        ターミナル ウィンドウ >>
        ファイル転送ウィンドウ >>
        ツールバーについて >>
            基本ツールバー
            ファイル転送ウィンドウのツールバー ボタン
            プロファイルバー
            ファイル転送ウィンドウのファイルバー
        メニューについて >>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ファイル転送ウィンドウのファイルバー

ファイル バーには、ファイル管理を行うためののボタンがあります。 ファイルバーはダイナミックに作成されるので、カスタマイズを行うことは出来ません。

注意:ファイルバーは、整理することが出来るので、ボタンの数を減らして、 お気に入りのフォルダの表示を拡大することが出来ます。 フォルダ表示の幅を広げた場合には、ローカル表示上の、 [ローカルフォルダの表示/非表示]、[ローカルホームフォルダへ]、 [上へ]ボタン、 それに対応する、リモート表示上の[リモートフォルダの表示/非表示]、 [リモートホームフォルダへ]、[上へ] ボタンだけが表示されます。 詳細については、「グローバルのファイル転送設定」の項をご参照ください。


client-toolbar-filebar-82.gif
Figure : ファイルバーはファイル転送ウィンドウのみにあります

ローカルフォルダの表示/非表示

[ローカルフォルダの表示/非表示] オプションを選択すると、 ローカルディレクトリの表示が切り替えられます。 フォルダは、[ローカルビュー]の左側に表示されます。

ローカルホームフォルダへ

[ローカルホームフォルダへ] オプションを選択すると、 ローカルコンピュータのホームディレクトリに戻ります。 このオプションを用いると、複雑なディレクトリツリー表示 を行っている場合に、簡単にホームディレクトリに戻れます。

1 つ上のフォルダへ

[1 つ上のフォルダへ] オプションを選択すると、 ビューの表示対象が、現在のフォルダからその上位のフォルダに移動します。

homeというディレクトリの下に mail という ディレクトがあるとします。 mail フォルダを参照中に[1 つ上のフォルダへ] を クリックすると、表示対象は home フォルダに変わります。

ローカルの更新

[ローカルの更新] オプションを選択すると、[ローカルビュー]が更新 されます。 ダウンロードしたファイルが、ローカルビューにすぐに表示されない場合に使うと 便利です。

新しいローカルフォルダ

[新しいローカルフォルダ]オプションを選択すると、カレントディレクトリに 新しいフォルダを作成できます。 [ローカルビュー]に新しいフォルダのアイコンが作成されるので、 名前を入力することが出来ます。 (名前を入力しない場合は、フォルダは作成されません。)

ローカル削除

ローカルのファイルまたはフォルダを削除したい場合には、 [ローカル削除] オプションで削除します。 確認のために、[削除の確認]ダイアログが表示されます。

ローカルのお気に入り

[ローカルのお気に入り]ドロップダウンリストを使って、 [ローカルビュー]上で他のドライブやディレクトリを開くことが出来ます。 ローカルのお気に入りリストは、[設定]ダイアログボックスの [ローカルのお気に入り]ページで編集することができます。 詳細については、 「ローカルのお気に入りの定義」の項をご参照ください。

追加

[追加]オプションを選択すると、現在使用中のディレクトリを、 [ローカルのお気に入り]リストに追加できます。

リモートフォルダの表示/非表示

[リモートフォルダの表示/非表示] オプションを選択すると、 リモートディレクトリの表示が切り替えられます。 フォルダは、[リモートビュー]の左側に表示されます。

リモートホームフォルダへ

[リモートホームフォルダへ] オプションを選択すると、リモート コンピュータのホームディレクトリに戻ります。 このオプションにより、複雑なディレクトリツリー表示を行っている場合に、 簡単にホームディレクトリに戻れます。 [リモートホームフォルダへ]のショートカットキーは、 Ctrl+Hです。

1 つ上のフォルダへ

[1 つ上のフォルダへ] オプションを選択すると、 ビューの表示対象が、現在のフォルダからその上位のフォルダに移動します。

homeというディレクトリの下に mail という ディレクトがあるとします。 mail フォルダを参照中に[1 つ上のフォルダへ] を クリックすると、表示対象は home フォルダに変わります。

リモートの更新

[リモートの更新] オプションを選択すると、[リモートビュー] が更新されます。 アップロードしたファイルが、[リモートビュー]にすぐに表示されない場合に使うと 便利です。 [リモートの更新]のショートカットキーは、F5 です。

新しいリモートフォルダ

[新しいリモートフォルダ]オプションを選択すると、カレントディレクトリに 新しいフォルダを作成できます。 [リモートビュー]に新しいフォルダのアイコンが作成され、 名前を入力することが出来ます。 (名前を入力しない場合、フォルダは作成されません。) [新しいリモートフォルダ]オプションのショートカットキーは Ctrl+Nです。

リモート削除

リモートのファイルまたはフォルダを削除したい場合、 [リモートの削除] オプションで削除します。 確認のために[削除の確認]ダイアログボックスが表示されます。

リモートのお気に入り

[リモートのお気に入り]ドロップダウンリストを使って、 [リモートビュー]上で他のドライブやディレクトリを開くことが出来ます。 [リモートのお気に入り]リストは、[設定]ダイアログの [リモートのお気に入り]ページで編集することが出来ます。 詳細については、 「リモートのお気に入りの定義」の項をご参照ください。

追加

[追加]オプションを選択すると、現在使用中のディレクトリを、 [リモートのお気に入り]リストに追加できます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.