SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
            設定の保存
            設定の読み込み
            カスタマイズダイアログボックス
            ツールバーのカスタマイズ
            メニューのカスタマイズ
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ツールバーのカスタマイズ

SSH Tectia Client は、ダイナミック ユーザー インターフェイスを取り入れており、 お好みの設定に簡単に変更できます。 ツールバーの表示位置を選択できるほか、個々のボタンを自由に移動させること もできます。

注意:ファイル転送ウィンドウに表示されるファイルバーは、 実行時に動的に生成されるので、カスタマイズすることは出来ません。

ツールバーの移動

各ツールバーの左端にあるハンドル上にポインタを置き、マウスのボタンを クリックしたままでSSH Tectia Client のウィンドウ内を移動させます。 ツールバーは、画面上のどこにでも置くことができ、画面の上部、下部、または 左右の端に固定させることもできます。

ツールバーのボタンの移動

ツールバーの個々のボタンは、ユーザーが最も作業しやすいように移動させて配置を 変更することができます。

ツールバーのボタンを移動するには、キーボードの Alt キーを押しながら ボタンをクリックします。 新しいマウス ポインタが現れるので、マウスをクリックしたままボタンを 移動させてください。 マウスのボタンを離すと、ボタンが新しい位置に置かれます。

注意:ツールバー以外の場所 (ターミナル ウィンドウのテキスト エリア など) にボタンを移動させると、ボタンはウィンドウから削除されてしまいます。 この変更は、設定を保存しなかったとしてもそのままになってしまいますが、 [表示]メニューの[ツールバーの設定初期化]を選択すれば 元にもどすことができます。

ツールバーの変更の適用

ツールバーへの変更を行ったあとで、変更した内容を元に戻したい場合には、 [表示] メニューから[ツールバーの設定初期化] オプションを 選択します。 確認のダイアログ ボックスが表示され、これまでの変更を初期化してもよいか どうかたずねられます。[OK] を選択すると、ツールバーは初期設定に 戻ります。また、メニューの変更も初期化されます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.