SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
        リモート ホストに接続する
        クイック接続の定義
        鍵の生成 >>
        証明書の登録 >>
        公開鍵をアップロードする >>
        SSH Accession Liteで公開鍵認証を使用する >>
            スマートカード上のユーザ鍵の使用
            SSH2 ソフトウェア鍵の使用
        使用例
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

スマートカード上のユーザ鍵の使用

トークンを使用した公開鍵認証を有効にするには、以下のステップを 実行します。 もし証明書がトークンに格納されていて、Secure Shell サーバが 証明書ベースの公開鍵認証を認めている場合には、ステップ 2 と 4 は必要ありません。

  1. SSH Tectia Client を起動します。SSH Accession Lite は自動的に起動されます。 カードリーダに個人用トークンを挿入します。
  2. (必要な場合) SSH Tectia Client を使用し、リモートホストコンピュータ へ接続してパスワードを使用して認証する (あるいは、いずれかの方法を使用)。
  3. SSH Tectia Client において、[編集]メニューの[設定]を選択する。 [認証] ページを選択し、[認証方法]リストに [公開鍵]を追加する。 [公開鍵認証の方法]リストに[SSH Accession 鍵]と [SSH Accession 証明書]が選択されていることを確認する。
  4. (必要な場合) 次に、リモートホストコンピュータに 公開鍵をアップロードする。 [SSH Accession]ページを選択する。 トークンに格納されている鍵が表示される。 [converted to SSH2]となっている鍵を選択し、 [公開鍵のアップロード...]をクリックする。 [公開鍵のアップロード]ダイアログボックスが開く。 デフォルトの場所に公開鍵をアップロードするために、[アップロード] をクリックする。
    client-accession-page-18.gif
    Figure : [SSH Accession]ページ

  5. OK]をクリックし[設定]から抜ける。
  6. ファイル]メニューから[設定の保存]をクリックし、 設定を保存する。
  7. ファイル]メニューから[終了]をクリックし、 SSH Tectia Client を閉じる。新しい設定は SSH Tectia Client を再度実行したときに有効になります。

次に SSH Tectia Client を起動してリモートホストにログインすると、 トークンを使用した認証が行われます。 トークンが挿入されていると、トークンは認証を行う間 PIN コードの入力 を求めます。SSH Accession Lite ウィンドウにおいてトークンの使用方法を確認すること もできます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.