Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
        ターミナル ウィンドウ >>
        ファイル転送ウィンドウ >>
            ファイル転送のタイトル バー
            ファイル転送ウィンドウのメニューバー
            ファイル転送ウィンドウのツールバー
            ファイル転送ウィンドウのステータス バー
            ローカルビュー
            ローカルフォルダビュー
            リモートビュー
            リモートフォルダビュー
            転送ビュー
            ファイル転送ウィンドウの操作
            ファイル転送ウィンドウのショートカット メニュー
        ツールバーについて >>
        メニューについて >>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

転送ビュー

ローカルコンピュータとリモートホストコンピュータ間のファイル転送操作は、 ファイル転送ウィンドウの転送ビューに表示されます。 転送ビューは、転送ページとキューページの2つのページから構成されています。 転送ビューの上部のタブをクリックすることで表示するタブを切り替え ることができます。

転送ページ

転送ビューの転送ページは、コンピュータ間の転送の一覧を表示します。 転送されるファイルについて以下の情報が表示されます。

  • 方向

    ファイル転送の方向が矢印のアイコンで表示されます。 アップロードは、上向きの矢印で表示され、ダウンロードは下向きの矢印で表示されます。

  • 転送元ファイル

    転送元のシステムでのファイル名。

  • 転送元ディレクトリ

    転送元のファイルのあるディレクトリ。

  • 転送先ディレクトリ

    ファイルを転送する先のディレクトリ。

  • サイズ

    ファイルのサイズ(バイト表示)。

  • 状態

    ファイルの転送状態を表示します。 送信待ちの状態は、キューへ投入済みと表示されます。 ファイル転送中はプログレスバーが表示されます。 成功すると完了が表示されます。 ファイル転送が中止された場合は、キャンセルされましたと 表示されます。

    ファイル転送終了時にエラーが検出された場合には、ファイル転送の失敗 が表示されます。

  • 速度

    ファイル転送速度が、キロバイト/秒(kB/s)で表示されます。

  • 時間

    ファイル転送中には、終了までの予想時間が表示されます。 転送が終了すると、転送にかかった実際の時間が表示されます。

転送ショートカットメニュー

転送ページで右クリックすると、次のオプションを持つショートカットメニューが 表示されます。

  • 転送を中止したい場合には、転送ページのファイルの上で右クリックし、 [キャンセル]を選択します。
  • ファイルをキューから削除する場合、転送ページの削除したいファイルの 上で右クリックし、[削除]を選択します。
  • 転送に失敗したファイルを再度転送する場合には、転送ページのファイルの 上で右クリックし、[再試行]を選択します。
  • ローカルディレクトリからファイルを削除する場合には、転送ページの 削除したいファイルの上で右クリックし、[ローカルファイルを削除]を 選択します。
  • リモートディレクトリからファイルを削除する場合には、転送ページの削除 したいファイルの上で右クリックし、[リモートファイルを削除]を 選択します。
  • 転送に成功したものや中止したものを転送ページから削除する場合には、 転送ページで右クリックし、[転送済みを消去]を選択します。
  • 一覧をテキストファイルに保存したい場合、転送ページで右ボタンをクリックし、 [一覧の保存]を選択します。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、 テキストファイルの場所と名前を指定して保存します。 テキストファイルには、転送したファイルのファイル名がフルパスでローカルと リモートのそれぞれが記録され、さらにファイルサイズもカンマで区切られて 記録されます。この機能は、ファイル転送のログとして使うことが出来ます。

キューページ

転送ビューキューページでは、後で転送するファイルのリスト を作成することができます。 キューページに、マウスでファイルをドラッグ アンド ドロップして転送リストを 作成することが出来ます。ファイルは転送待ちになります。

キューのショートカットメニュー

キューページで右クリックすると、次のオプションを持つショートカットメニューが 表示されます。

  • キューにファイルを追加するには、キューページで右ボタンをクリックし、 [追加]を選択します。 [転送キューの編集]ダイアログボックスが表示されます。 リストエリアの上の[新規]ボタンをクリックし転送元のファイル名を 入力するか、 [...]ボタンをクリックしてファイル選択のダイアログボックスで ファイル選択します。
  • キューに入れたファイルの転送先を指定するには、キューページのファイル の上で右クリックし、[編集]を選択します。 [転送キューの編集]ダイアログボックスで、転送先フォルダを指定します。 あるいは、[...]ボタンをクリックしてフォルダ選択のダイアログ ボックスで転送先フォルダを選択します。 [編集]オプションで複数のファイルを同時に選択することができ ますが、この場合転送の方向(アップロードまたはダウンロード)がすべて同じ である必要があります。
  • キューから削除する場合には、キューページの削除したいファイルの上で 右クリックし、[削除]を選択します。
  • 1つのファイルを転送する場合には、キューページのファイルの上で 右クリックし、[転送]を選択します。
  • キューに入れられたすべてのファイルを転送するには、 キューページで右クリックし、[すべて転送]を選択します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===