SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
            書式
            オプション
            ssh2 の返り値
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

オプション

次のオプションが利用できます。

  • -l ユーザー名

    このユーザー名を使用してログインします。

  • +a

    認証代理転送を有効にします。

  • -a

    認証代理転送を無効にします。

  • +x

    X11 接続の転送を有効にします。

  • -x

    X11 接続の転送を無効にします。

  • -k ディレクトリ

    ssh2_config, hostkeys, userkeysのディレクトリを指定します。

  • -i ファイル

    公開鍵認証用の識別ファイル

  • -F ファイル

    代わりの設定ファイルを読み込みます。

  • -t

    コマンドが与えられている場合でも、tty を割り当てます。

  • -v

    詳細なデバッグ メッセージが表示されます。-d 2 と同じです。

  • -d レベル

    デバッグ レベルを設定します。

  • -V

    バージョン文字列を表示します。

  • -q

    警告メッセージを表示しないようにします。

  • -c 暗号

    暗号化アルゴリズムを指定します。この -c オプションは複数使用できます。 1 つの -c オプションで 1 つの暗号化アルゴリズムを指定します。

  • -m MAC

    MAC アルゴリズムを選択します。この -m オプションは複数使用できます。 1 つの -m オプションで 1 つの MAC アルゴリズムを指定します。

  • -p ポート

    このポートに接続します。サーバは同じポート上になければなりません。

  • -S

    セッション チャネルをリクエストしないようにします。

  • -L 受信ポート:ホスト:ポート

    ローカル ポートをリモート アドレスに転送します。

    これにより ssh2 はポートで接続を聴取し、 ホスト:ポートに接続することにより反対側に転送します。

  • -R 受信ポート:ホスト:ポート

    リモート ポートをローカル アドレスに転送します。

    これにより ssh2 はポートで接続を聴取し、 ホスト:ポートに接続することにより反対側に転送します。

  • -g

    ゲートウェイポート(リモートホストは、ローカルのフォワードポート経由で 接続されています)。このオプションの+-の論理に ご注意ください。

  • +g

    ゲートウェイポートではありません。 localhostからのトンネリング接続のみ聴取します。 このオプションの+-の論理にご注意ください。

  • +C

    圧縮を有効にします。

  • -C

    圧縮を無効にします。

  • -E ドライバ名

    ドライバ名を外部鍵ドライバとします。

  • -I 初期化文字列

    初期化文字列を外部鍵ドライバの初期文字列とします。

  • -o 'オプション'

    設定ファイルから読み込まれたようにオプションを処理します。

  • -h

    ヘルプを表示します。

コマンドは次のいずれかです。

  • リモートコマンド [引数] ...

    リモート ホスト上でコマンドを実行します。

  • -s サービス

    リモート サーバでサービスを有効にします。

ssh2 -h と入力すると、コマンドラインの構文、設定ファイルの場所、 使用可能な暗号、およびライセンスのタイプを参照できます。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.