SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>
            書式
            オプション
            

オプション

次のオプションを使用できます。

  • -h

    簡単なヘルプを表示します。

  • -verbose

    診断用のメッセージを出力します。

  • -quiet

    診断用のメッセージを出力しません。

  • -auto

    次の入力ファイルのタイプを自動検出します(デフォルト)。

  • -cert

    次の入力ファイルは証明書です。

  • -crmf

    次の入力ファイルはCRMF証明書要求です。

  • -req

    次の入力ファイルはPKCS #10証明書要求です。

  • -crl

    次の入力ファイルはCRLです。

  • -prv

    次の入力ファイルは秘密鍵です。

  • -ssh2

    次の入力ファイルはSSH2公開鍵です。

  • -spkac

    次の入力ファイルはNetscapeが生成したSPKAC要求です。

  • -noverify

    入力証明書の署名の検証を行いません。

  • -autoenc

    PEM/DER の判別を自動で行います (デフォルト)。

  • -pem

    入力ファイルがPEM形式(ASCII base-64)であると仮定します。 このオプションは、実際のPEM(ヘッダとフッタを持つ)と プレーンなbase-64(ヘッダとフッタを持たない)の両方をサポートします。 PEMヘッダとフッタの例を以下に示します。

    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    encoded data
    -----END CERTIFICATE-----
    

  • -der

    入力ファイルがDER形式であると仮定します。

  • -hexl

    入力ファイルがHexl形式であると仮定します。 (Hexl はバイナリファイルを16進表現で出力するための UNIX上のツールです。)

  • -skip n

    先頭からnバイトだけスキップしてデコードします。 ファイル先頭にごみデータが含まれる場合に使うと便利です。

  • -ldap

    LDAPの順序で名前を表示します。

  • -utf8

    UTF-8で名前を表示します。

  • -latin1

    ISO-8859-1で名前を表示します。

  • -base10

    大きな数値を基数10で出力します(デフォルト)。

  • -base16

    大きな数値を基数16で出力します。

  • -base64

    大きな数値を基数64で表示します。

  • -width w

    表示幅をw文字に設定します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.