Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>
            書式
            オプション
            

オプション

次のオプションを使用できます。

  • -h

    簡単なヘルプを表示します。

  • -verbose

    診断用のメッセージを出力します。

  • -quiet

    診断用のメッセージを出力しません。

  • -auto

    次の入力ファイルのタイプを自動検出します(デフォルト)。

  • -cert

    次の入力ファイルは証明書です。

  • -crmf

    次の入力ファイルはCRMF証明書要求です。

  • -req

    次の入力ファイルはPKCS #10証明書要求です。

  • -crl

    次の入力ファイルはCRLです。

  • -prv

    次の入力ファイルは秘密鍵です。

  • -ssh2

    次の入力ファイルはSSH2公開鍵です。

  • -spkac

    次の入力ファイルはNetscapeが生成したSPKAC要求です。

  • -noverify

    入力証明書の署名の検証を行いません。

  • -autoenc

    PEM/DER の判別を自動で行います (デフォルト)。

  • -pem

    入力ファイルがPEM形式(ASCII base-64)であると仮定します。 このオプションは、実際のPEM(ヘッダとフッタを持つ)と プレーンなbase-64(ヘッダとフッタを持たない)の両方をサポートします。 PEMヘッダとフッタの例を以下に示します。

    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    encoded data
    -----END CERTIFICATE-----
    

  • -der

    入力ファイルがDER形式であると仮定します。

  • -hexl

    入力ファイルがHexl形式であると仮定します。 (Hexl はバイナリファイルを16進表現で出力するための UNIX上のツールです。)

  • -skip n

    先頭からnバイトだけスキップしてデコードします。 ファイル先頭にごみデータが含まれる場合に使うと便利です。

  • -ldap

    LDAPの順序で名前を表示します。

  • -utf8

    UTF-8で名前を表示します。

  • -latin1

    ISO-8859-1で名前を表示します。

  • -base10

    大きな数値を基数10で出力します(デフォルト)。

  • -base16

    大きな数値を基数16で出力します。

  • -base64

    大きな数値を基数64で表示します。

  • -width w

    表示幅をw文字に設定します。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===