SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
            ファイル名のサポート
            書式
            オプション
            sftp2 のコマンド
            sftp2 コマンドの解釈
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

オプション

次のオプションを使用できます。

  • -D デバッグレベル

    デバッグ モード。sftp2 が詳細なデバッグ出力を送信します。 デバックのレベルは、数字 (0〜99)、またはカンマで区切られた 割り当て形式のリスト (ModulePattern=debug_level、 例:*=10,sshd2=2) のどちらかです。

  • -B バッチファイル

    バッチ モード。標準の入力のかわりにファイルからコマンド を読み込みます。このモードではスクリプトの使用が目的であるため、 sftp2 はユーザーとの対話を行いません。つまり、パスワード入力が ない認証方法のみが有効です。バッチ モードでは、現在作業中の ディレクトリを変更するのに失敗すると、sftp2 が中止されます。 他のエラーは無視されます。

  • -S パス

    ssh2 バイナリ ファイルへのパスを指定します。

  • -h

    コマンド構文を表示し、終了します。

  • -V

    バージョン情報を表示し、終了します。

  • -P ポート

    使用するポートを指定します。

  • -b バッファ サイズ

    バッファ サイズを指定します。

  • -N 最大要求数

    許可する要求の最大数を指定します。

  • -c 暗号

    暗号化アルゴリズムを指定します。

  • -m mac

    MAC アルゴリズムを選択します。

  • -o ssh2へのオプション

    ssh2 に渡すオプションを指定します。オプションは、 設定ファイルと同じフォーマットです。コメント行は 使用できません。適用できる場合、egrep の regex 形式が使用されます。

  • -k ディレクトリ

    ssh2_config, hostkeys, userkeysのディレクトリを指定します。

  • ユーザ名

    接続時に使用するユーザー名を指定します。(オプショナル)

  • ホスト名

    接続先のホストを指定します。

  • ポート

    接続先のホスト上のポートを指定します。(オプショナル)

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.