Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
        メールのためのトンネリングのセットアップ方法 >>
            SSH Tectia Client の設定
            Outlookでのメールの受信
        FTPのためのトンネリングの設定方法 >>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

SSH Tectia Client の設定

  1. SSH Tectia Clientにおいて、メニューバーの[編集] メニューから、[設定...]をクリックする。 設定ダイアログボックスの中で、[プロファイル設定]-> [トンネリング]を選択し、[送信用]タブを選択します。
  2. 最初に、メールの送信用のサーバ接続を定義します。 [追加] ボタンをクリックします。
    • 表示名]に名前を入力します( 例:smtp
    • 受信ポート]には 25 を入力します。
    • 接続先ホスト]には、SMTP サーバの名前を入力します (例: mail.domain.com)。
    • 接続先ポート]には、25 を入力します。
    OK]をクリックします。
    client-tunneling-smtp-64.gif
    Figure : トンネリング設定(メール送信用の SMTP 接続)

  3. 次に、メール受信用のサーバ接続を定義します。 [追加]ボタンをクリックします。
    • 表示名]に名前を入力します(例: imap
    • 受信ポート]には 143 を入力します。
    • 接続先ホスト]には、IMAP サーバの名前を入力します (例: imap.domain.com)。
    • 接続先ポート]には、143 を入力します。
    OK]をクリックします。 Click OK.
    client-tunneling-imap-65.gif
    Figure : トンネリング設定(メール受信用の IMAP 接続)

  4. OK]をクリックして[設定]ダイアログボックスを 終了します。
  5. ファイル]メニューの[保存] をクリックします。 次に、[ファイル]メニューの[終了]をクリックします。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===