SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
            書式
            オプション
            ssh2 の返り値
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

ssh2 の返り値

正常に実行されると、ssh2はコマンド実行のステータスを持って 終了します。成功すると、ステータスは通常 0 (zero)です。

ssh2にエラーが発生すると、多くの場合エラーメッセージ中に 原因が書かれています。しかし、例えばバッチファイルなどではこれを 受け入れるのが困難であり、そこで sshのための終了ステータス値 についてここで示します。実行したコマンドが同じ終了ステータス値を返す 場合があります。残念ながら、これを避けるには終了ステータス値の範囲が 狭い(8ビット)ためです。

  • 128 + シグナル番号

    これはssh2が致命的シグナルに遭遇した場合に返されます。 例えば、143は SIGTERM (シグナル番号 15)の場合に返ります。

  • 64 + 切断コード

    これは切断の際に返ります(正常な切断かそうでないかにかかわらず)。 切断コードは以下のとおりです。

     1    ホストが接続を許可しない
     2    プロトコルエラー
     3    鍵交換の失敗
     4    予約
     5    MACエラー
     6    圧縮エラー
     7    サービスが提供されていない
     8    プロトコルバージョンが非サポート
     9    ホスト鍵が検証できない
    10    接続が失われた
    11    アプリケーションにより切断
    12    接続数制限オーバー
    13    ユーザにより認証をキャンセル
    14    これ以上認証方法が無い
    15    ユーザ名不正
    

    例えば、 74接続が失われたを意味します。

  • 255

    ssh_fatal()関数が呼ばれた際に返ります。

  • 254

    多くの場合、ssh2が何かのexecに失敗したことを意味します (ライブラリ内で forkまたはexecが失敗した)。

  • 1

    一般エラー。

  • 2

    リモートホストへの接続に失敗。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.