Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
            global.dat
            ssh2_config
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

global.dat

設定ファイル global.dat はユーザアカウントごとに個別に作成されます。 このファイルは、ユーザアカウントの Application Data¥SSH ディレクトリにあります (例:C:¥Documents and Settings¥username¥Application Data¥SSH)。

FIPS モード

SSH Tectia Client は、オプションで FIPS モード で動作させることが できます。 FIPS モードは Federal Information Processing Standard (FIPS)で 認定された暗号化ライブラリを使用します。 FIPS モードでは、FIPS 140-2のルールで認定された暗号化方式を使います。

デフォルトでは、標準のライブラリが使用されます。 FIPS 140-2で認定されたライブラリは別途提供されます。 FIPS 140-2用の暗号ライブラリがインストールされている場合、SSH Tectia Client は それを自動認識して使用します。

FIPSライブラリが動作検証されているプラットフォームの一覧については、 SSH Tectia Client/Server Product Descriptionをご参照ください。

FIPS認定ライブラリの使用は、設定ファイルglobal.datの編集 によっても制御することができます。 [Security] の見出しの下に、 FIPS mode=N:と設定を記述し、コロン(:)の後ろの数字を 編集します。 0 を指定するとFIPSモードは無効になり、1 を指定すると有効になります。

FIPS mode=N:1

RSA 証明書ハッシュスキーム

古いSSH Secure Shellクライアントとサーバでは、ハッシュのアルゴリズムが 統一されていませんでした(MD5が使われたりSHA-1が使われたりしていました)。 [Security]の見出しの下にある、 Cert.RSA.Compat.HashScheme=S: を設定することによって、RSA証明書が使用するハッシュスキームを設定可能です。 コロン (:)の後ろの文字列に、 md5 または sha1 を指定することができます。 デフォルトは md5です(ほとんどの場合、この設定で動作します)。

Cert.RSA.Compat.HashScheme=S:md5

フォールバックの互換性

古い、あるいは互換性のないバージョンのソフトウェアのために、 フォールバックの互換性コードを無効にすることができます。 この設定の影響についてわからない場合は、フォールバックの互換性を無効に しないでください。デフォルトの値は no です。

[Security] の見出しの下にある、 DisableVersionFallback=N:の値を 0 にすることで フォールバックの互換性コードを無効にすることができます。

DisableVersionFallback=N:0

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===