SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
        ターミナル ウィンドウ >>
        ファイル転送ウィンドウ >>
            ファイル転送のタイトル バー
            ファイル転送ウィンドウのメニューバー
            ファイル転送ウィンドウのツールバー
            ファイル転送ウィンドウのステータス バー
            ローカルビュー
            ローカルフォルダビュー
            リモートビュー
            リモートフォルダビュー
            転送ビュー
            ファイル転送ウィンドウの操作
            ファイル転送ウィンドウのショートカット メニュー
        ツールバーについて >>
        メニューについて >>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

ファイル転送のタイトル バー

タイトル バーはファイル転送ウィンドウの上部にあります。

タイトル バーの左端にはウィンドウアイコンがあります。 これをクリックするとウィンドウ メニューが表示され、 ダブルクリックするとウインドウが閉じられます。 ファイル転送中にウィンドウをクローズすると、ファイル転送を中止するかどうか の確認のためのダイアログボックスが表示されます。

ウィンドウ アイコンの右隣には、ウィンドウ番号が表示されます。 これは、同じ接続セッションで使用している複数のウィンドウを区別するのに 便利です。


client-filetransfer-titlebar-71.gif
Figure : ファイル転送ウィンドウのタイトルバー

さらにその右隣には、リモート コンピュータのホスト名が表示されます。 タイトルバー上のホスト名表示はオプショナルであり、 [外観]ページで設定されている場合のみ表示されます (詳細は 「外観の定義」の項をご参照ください)。 たとえば、remote という名前のホスト コンピュータへの接続で使用 している 2 番目のウィンドウの場合、2: remote と表示されます。

ホスト名の右隣には、使用している設定ファイルの名前が表示されます。 タイトルバー上の設定ファイル名表示はオプショナルであり、 [外観]ページで設定されている場合のみ表示されます (詳細は 「外観の定義」の項をご参照ください)。 名前を指定して保存した設定ファイルを使用しない場合、 defaultという名前の設定ファイルが使用されます。

保存しないで設定を変更した場合には、タイトルバーの用中の設定ファイルの後ろに アスタリスク(*)が表示されます(例: default*)。 設定変更の保存に関する詳細については、 「設定の保存」 の項をご参照ください。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.