Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
        グローバル設定の定義 >>
            外観の定義
            フォントの選択
            メッセージの定義
            ユーザ認証
            ユーザ鍵の管理
            証明書の管理
            SSH Accession Liteの使用
            PKCS #11 ドライバの管理
            サーバの認証
            ホスト鍵の管理
            CA証明書の管理
            LDAP サーバの定義
            詳細なファイル転送オプションの定義
            ファイル転送モードの定義
            プロキシ設定の定義
            セキュリティ設定の定義
            印刷
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

外観の定義

アプリケーションとターミナル ウィンドウの外観は、[設定] ダイアログ ボックスの [外観] ページで設定します。


client-appearance-page-36.gif
Figure : [設定] ダイアログ ボックスの [外観] ページ

  • Office XP 風の外観

    [Office XP 風の外観] チェック ボックスをオンにすると、 Microsoft Office XP と同様の見かけでメニュー バーやツール バーが表示されます。

  • クイック接続時に [プロファイルの追加] ダイアログ ボックスを表示する

    [クイック接続時に [プロファイルの追加] ダイアログ ボックスを表示する] チェック ボックスをオンにすると、クイック接続を使ってリモート ホストに接続 したときに、[プロファイルの追加] ダイアログ ボックスがしばらくの 間表示されます。 これにより、プロファイル名を入力するだけでそのホストのプロファイルを作成 することができます。

ターミナル設定

ターミナル設定オプションで、ターミナルウィンドウの設定を行うことができます。

  • 右クリック時に選択範囲を貼り付け

    [右クリック時に選択範囲を貼り付け] チェック ボックスをオンにすると、 ターミナル ディスプレイでテキストのコピーをすぐに実行することができます。 このオプションを選択した場合、テキストを強調表示するだけでコピーし、 右クリックで貼り付けることが可能となります。

  • 出力時に最下行までスクロール

    [出力時に最下行までスクロール]チェックボックスをチェックすると、 新しいテキストが出力されたときにターミナルウィンドウを最下行までスクロール します。 このオプションが選択されていないと、新しいテキスト行が表示されても ウィンドウはスクロールしません。 デフォルトではこのオプションは選択されています。

  • スクロールバックバッファサイズ

    [ターミナルのバッファ行数] フィールドに、 スクロールバック バッファで保持する行数を入力します。 大きい値を入力すると、以前のターミナル出力を表示するターミナル ディスプレイ からより多くバックスクロールすることができます。デフォルトは 500 行です。

タイトル バー

[タイトル バー] の設定は、 ターミナル ウィンドウとファイル転送 ウィンドウの タイトル バーの表示に適用されます。

  • プロファイル名を表示

    [プロファイル名を表示] チェック ボックスをオンにすると、 現在のプロファイル名をタイトル バーに表示させることができます。

  • ホスト名を表示

    [ホスト名を表示] チェック ボックスをオンにすると、 現在接続しているリモート ホストのホスト名をタイトル バー に表示させることができます。

ウィンドウ レイアウト

同時に複数のウィンドウを開く接続プロファイルを作成してレイアウトを 保存すると、 標準ではプロファイル選択時にすべてのウィンドウが開きます。 [ウィンドウの位置]オプションでこの動作を変更することができます。

  • プロファイルのすべてのウィンドウを開く

    [プロファイルのすべてのウィンドウを開く]チェックボックスを 選択すると、プロファイルが選択されたときにプロファイルに設定されている すべてのウィンドウが開きます。 このオプションが選択されていない場合は、他のウィンドウは、新たに開かれたときに その保存されている位置に表示されます。 デフォルトではこのオプションは選択されています。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===