Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

設定の保存

ユーザ インターフェイスの設定を変更した場合は、SSH Tectia GUI のタイトル バーにある現在の設定ファイルの名前の後にアスタリスク (*) が表示されます (default* など)。これは、変更した設定がまだ確定されておらず、まだ保存されていないことを示します。

今後もこの変更した設定を使用する場合は、後で使用するために保存することができます。現在の設定に加えた変更を保存するには、ツールバーの [保存] ボタンをクリックするか、[ファイル] → [設定の保存] を選択します。

現在開いているターミナル ウィンドウとファイル転送ウィンドウの表示位置は、[ファイル] → [レイアウトの保存] オプションを使ってそれぞれ保存できます。ウィンドウの表示位置を調整して、レイアウトの設定をデフォルトの設定ファイルに保存すると、次に SSH Tectia ターミナルを起動したときに、設定した位置にウィンドウが自動的に表示されます。

デフォルトでは、すべてのウィンドウが同時に開くので注意が必要です。この動作は、[設定] ダイアログの [外観] ページで変更して、新しいターミナル ウィンドウまたはファイル転送ウィンドウを開いたときにだけ、定義されたウィンドウが開くようにできます。外観の定義項を参照してください。

設定のカスタマイズに多くの労力を要した場合は、カスタマイズした設定ファイル (ssh-broker-config.xmlglobal.dat、および *.ssh2) のバックアップ コピーを作成して、安全な場所に保存しておくことをお勧めします。そうすれば、なんらかの理由で (ハードウェアの故障など) 自分の設定ファイルを紛失しても、再度作り直す必要はありません。

複数の設定ファイル

リモート ホスト コンピュータごとに異なる設定ファイルを保存できます。これは、[プロファイル] オプションを使用することで実行できます。詳細については、接続プロファイルの定義項を参照してください。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===