SSH Tectia

コマンドライン オプションの使用

コマンドライン (コマンド プロンプト) から SSH Tectia ターミナル GUI を操作すると便利な場合があります。

SSH Tectia ターミナル GUI (ssh-client-g3.exe) のコマンドラインの構文は以下の通りです。

ssh-client-g3 [-r] [-p port] [-u user] [-h host] [profile] 

コマンドライン パラメータの意味は以下の通りです。

-r

-r オプションは、ユーザ インターフェイス (ツールバーとメニュー) に対して行ったすべてのカスタマイズ内容をリセットします。確認ダイアログが表示されます。

-p [port_number]

-p オプションは、接続に使用するポート番号を指定します。このオプションを指定しない場合は、デフォルトのプロファイルに定義されたポート番号が使用されます。

-u [user_name]

-u オプションは、接続に使用するユーザ名を指定します。このオプションを指定しない場合は、デフォルトのプロファイルに定義されたユーザ名が使用されます。

-h [host_name]

-h オプションは、接続に使用するホスト名を指定します。このオプションを指定しない場合は、デフォルトのプロファイルに定義されたホスト名が使用されます。

[profile]

プロファイルを指定する場合は、コマンドラインの最後のオプションにする必要があります。すべてのコマンドライン パラメータが、プロファイル設定で上書きされます。プロファイルを指定しない場合は、デフォルトのプロファイルが使用されます。

-f

-f (または /f) オプションは、デフォルトの SFTP ファイル転送プロファイルを起動します。

たとえば、以下のコマンドでは、remotehost というホストへの接続がすぐに開始され、guest として接続します。ポート番号は指定されていないため、この接続ではデフォルトのプロファイルで指定されたポートが使用されます。

ssh-client-g3 -h remotehost -u guest 

以下のコマンドでは、custom.ssh2 というプロファイル ファイルに定義された設定を使用して、remotehost への接続がすぐに開始されます。

ssh-client-g3 -h remotehost custom.ssh2 

-h オプションを使用してホストを指定せず、プロファイルも指定していない場合は、コマンドラインで指定した値が自動的に入力されたログイン ダイアログが開きます。

たとえば、次のコマンドでは、すでにポート番号が 222、ユーザ名が guest として指定されているログイン ダイアログが表示されます。

ssh-client-g3 -u guest -p 222 

コマンドライン クライアント sshg3.exe は、SSH Tectia Client for Windows にも付属しています。これはスクリプトを作成する際には特に便利です。sshg3.exe の構文の説明については、sshg3(1)を参照してください。

SSH Tectia Client のインストールには、ほかにもいくつかのコマンドライン ユーティリティが含まれています。 詳細については、付録 C を参照してください。