Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Tectia

Solaris でのインストール

ダウンロードしたオンライン インストール パッケージには、圧縮されたインストール ファイルが含まれています。Solaris のインストール パッケージは、CD-ROM の /install/solaris/ ディレクトリにあります。

インストールには、SSH Tectia Client および Server の共通コンポーネントのパッケージ、および SSH Tectia Client に固有のコンポーネントのパッケージの 2 つが必要になります。

SSH Tectia Client には、Solaris 8 用のエントラスト証明書認証のサポートが含まれています。必要なライブラリはインストール時に自動的に作成されます。

SSH Tectia Client では、Solaris 10 の Zones がサポートされています。SSH Tectia ソフトウェアは、グローバル ゾーンとローカル ゾーンにインストールできます。SSH Tectia ソフトウェアをグローバル ゾーンにインストールすると、自動的に既存のローカル ゾーンにもインストールされます。ただし、ローカル ゾーンを後でシステムに追加する場合は、そこに SSH Tectia Client を別途インストールする必要があります。

SSH Tectia Client を疎ゾーンにインストールする場合は、インストール プロセスで symlink 作成の失敗が報告されます。実際のインストールは正常に終了しますが、パス設定に /opt/tectia/bin を手動で追加する必要があります。

Solaris Zones の詳細については、Sun Microsystem 社のマニュアル『Solaris のシステム管理 (Solaris コンテナ: 資源管理と Solaris ゾーン)』を参照してください。

Solaris に SSH Tectia Client をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. お使いの Sun Solaris バージョンに基づいてインストール パッケージを選択してください。

    SPARC アーキテクチャで動作する Solaris バージョン 8、9、または 10 にインストールする場合は、以下の名前のパッケージを使用します。

    ssh-tectia-common-<version>-solaris-8-10-sparc.pkg.Z
    ssh-tectia-client-<version>-solaris-8-10-sparc.pkg.Z  

    x86-64 アーキテクチャで動作する Solaris バージョン 10 にインストールする場合は、以下の名前のパッケージを使用します。

    ssh-tectia-common-<version>-solaris10-x86_64.pkg.Z
    ssh-tectia-client-<version>-solaris10-x86_64.pkg.Z  

    コマンド中の <version> は、6.0.9.31 など、製品リリースのバージョンおよび現在の Build 番号を表します。

  2. インストール パッケージを適切な場所に解凍します。Solaris 環境の場合、通常は /var/spool/pkg です。以下のコマンド例では、Solaris 10 x86-64 を使用します。

    $ uncompress ssh-tectia-common-<version>-solaris10-x86_64.pkg.Z
    $ uncompress ssh-tectia-client-<version>-solaris10-x86_64.pkg.Z 
  3. pkgadd ツールを使用して、root 権限でパッケージをインストールします。

    # pkgadd -d ssh-tectia-common-<version>-solaris10-x86_64.pkg all
    # pkgadd -d ssh-tectia-client-<version>-solaris10-x86_64.pkg all 
  4. ライセンス ファイルを /etc/ssh2/licenses ディレクトリにコピーします (メンテナンス アップデートでは不要です)。ライセンス項も参照してください。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===