Your browser does not support HTML5 local storage or you have disabled it. Some functionality on this site, including saving your privacy settings and offering you special discounts, uses local storage and may not work with local storage disabled. We recommend allowing the use of local storage in your browser. In some browsers, it is the same setting used for disabling cookies.

SSH Tectia

HP-UX でのインストール

オペレーティング システムにパッチが完全に適用されていることを確認してください。Hewlett-Packard 社の Web サイトで最新のパッチ情報を参照してください。HP-UX プラットフォームで PAM/Kerberos を使用している場合は、Kerberos に関する最新のパッチもインストールします。

ダウンロードしたオンライン インストール パッケージには、圧縮されたインストール ファイルが含まれています。HP-UX プラットフォームのインストール パッケージは、CD-ROM の /install/hp-ux/ ディレクトリにあります。

インストールには、SSH Tectia Client および Server の共通コンポーネントのパッケージ、および SSH Tectia Client に固有のコンポーネントのパッケージの 2 つが必要になります。

HP-UX に SSH Tectia Client をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. お使いの HP-UX バージョンに基づいてインストール パッケージを選択してください。

    PA-RISC アーキテクチャで動作する HP-UX 11i v1 (11.11)、11i v2 (11.23)、または 11i v3 (11.31) にインストールする場合は、以下の名前のパッケージを使用します。

    ssh-tectia-common-<version>-hpux-11i-hppa.depot.Z
    ssh-tectia-client-<version>-hpux-11i-hppa.depot.Z  

    Itanium アーキテクチャで動作する HP-UX 11i v2 または 11i v3 にインストールする場合は、以下の名前のパッケージを使用します。

    ssh-tectia-common-<version>-hpux-11i-ia64.depot.Z
    ssh-tectia-client-<version>-hpux-11i-ia64.depot.Z  

    コマンド中の <version> は、6.0.9.31 など、製品リリースのバージョンおよび現在の Build 番号を表します。

  2. uncompress を使用してパッケージを解凍します。インストールを可能にするには、作成されたパッケージに以下のような適切な長さのファイル名を付ける必要があります。以下のコマンド例では、Itanium バージョンを使用します。

    $ uncompress ssh-tectia-common-<version>-hpux-11i-ia64.depot.Z
    $ uncompress ssh-tectia-client-<version>-hpux-11i-ia64.depot.Z  
  3. 以下のコマンドを root 権限で実行して、パッケージをインストールします。

    # swinstall -s <path>/ssh-tectia-common-<version>-hpux-11i-ia64.depot SSHG3common
    # swinstall -s <path>/ssh-tectia-client-<version>-hpux-11i-ia64.depot SSHG3client 
    [注意]注意

    コマンド中の <path> は、インストール パッケージへのフル パスです。HP-UX では、コマンドを同じディレクトリ内で実行する場合でも、フル パスが必要です。

  4. ライセンス ファイルを /etc/ssh2/licenses ディレクトリにコピーします (メンテナンス アップデートでは不要です)。ライセンス項を参照してください。

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===