Your browser does not allow storing cookies. We recommend enabling them.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
        リモート ホストに接続する>>
        プロファイルの定義
            プロファイルの追加
            プロファイルの編集
            共通プロファイル
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

プロファイルの定義

普段よく接続するリモート ホストが 2 つ以上あるユーザーは、各ホスト ごとに別々の設定が必要になるかもしれません。 プロファイルの使用は複数のホスト設定の管理を容易にします。

設定するプロファイルの数に制限はありません。

デフォルトでは SSH Tectia Client は、プロファイルをユーザーの個人データと見なし、 プロファイル定義ファイル(ファイル名の拡張子が.ssh2)をユーザ個人の Application Data¥SSHフォルダに保存します (例: C:¥Documents and Settings¥username¥Application Data¥SSH)。 これにより、ローカル コンピュータのすべてのユーザーが、 同じコンピュータを使用するほかのユーザーに影響を与えることなく それぞれのプロファイルを保持できます。

また、プロファイルをすべてのユーザに共通のものとして定義することも可能です。 詳細については、 「共通プロファイル」 の項をご参照ください。

ツールバーまたは [ファイル] メニューの [プロファイル] オプションを選択すると、新しいプロファイルの定義の追加や、 定義済みのプロファイルの編集が可能です。

プロファイルの追加

プロファイルの編集

共通プロファイル

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.


 

 
PrivX
 

 

 
What to read next:

  • Reduce Secure Shell risk. Get to know the NIST 7966.



    The NISTIR 7966 guideline from the Computer Security Division of NIST is a direct call to action for organizations regardless of industry and is a mandate for the US Federal government.
    Download now
  • ISACA Practitioner Guide for SSH



    With contributions from practitioners, specialists and SSH.COM experts, the ISACA “SSH: Practitioner Considerations” guide is vital best practice from the compliance and audit community.
    Download now