Your browser does not allow this site to store cookies and other data. Some functionality on this site may not work without them. See Privacy Policy for details on how we would use cookies.

SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
        プロファイル設定の定義 >>
            接続設定の定義
            暗号の選択
            認証方法の選択
            色の選択
            キーボード設定の定義
            キーマップ エディタの使用
            アプリケーションのトンネリング
            ファイル転送設定の定義
            お気に入りの定義
        グローバル設定の定義 >>
        設定ファイルの編集 >>
        コマンド ライン オプションの使用
        ユーザインターフェースのカスタマイズ>>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>

接続設定の定義

接続で使用されるプロトコル設定は、[設定] ダイアログ ボックスの [接続] ページで行います。 変更した接続設定は次回のログイン時に適用されます。


client-connection-page-20.gif
Figure : [設定] ダイアログ ボックスの [接続] ページ

  • ホスト名

    このプロファイルを使って接続するリモート ホストの名前を入力します。 ホスト名に、 *(アスタリスク)を指定した場合には、接続時に ホスト名を聞いてきます。

  • ユーザー名

    リモート ホストへの接続時に使用するユーザー名を入力します。 ユーザ名に、 *(アスタリスク)を指定した場合には、接続時に ユーザ名を聞いてきます。 ユーザ名に、%USERNAME%(パーセント記号)を指定した 場合には、接続時に、Windowsのログインユーザ名で置き換えます。

  • ポート

    SSH 接続に使用するポート番号を入力します。 デフォルトポートは 22 です。

    注意 : リモート ホスト上の sshd2 デーモン プログラムが、 指定されたポートを受信している必要があります。 そうでなければ、その接続は失敗します。 リモート ホストがどのポートを受信しているのかわからない場合、 リモート ホストのシステム管理者に問い合わせてください。

  • 暗号化アルゴリズム

    ドロップダウン メニューから、使用する暗号化アルゴリズムを選択します。 選択できるのは、3DES、BlowfishTwofishAES、ArcfourCASTSeedです。 DESは互換性のためにサポートしていますが、暗号化強度の問題で使用しないことを お勧めいたします。 また、リモート ホストが使用する [デフォルト] を選択したり、 全く暗号化を使用しなかったり ([なし])、カスタマイズされた [暗号リスト]を作成したりすることもできます。 暗号リストの詳細については、 「暗号の選択」 の項をご参照ください。

    AES と Twofish アルゴリズムについては、使用するビット数の選択により 暗号化の強さも選択できます。値が大きくなるほどセキュリティが向上しますが、 処理に要する時間が長くなります。選択可能な値は、128、192、256 ビットです。

    注意 : 暗号化アルゴリズムで [なし] を選択した場合、 このプロファイルの通信は暗号化されず、すべての情報が平文で 送信されます。 暗号化方法を [なし] に指定するとセキュリティが確保されないため、 この使用は推奨されません。 テストの目的のみで使用してください。 このオプションを選択した場合、警告ダイアログ ボックスが表示されます。

  • MAC アルゴリズム

    ドロップダウン メニューから、使用する MAC (Message Authentication Code) アルゴリズム (ハッシュ アルゴリズム) を選択します。 選択できるのは、[HMAC-MD5] と [HMAC-SHA1] です。 また、リモート ホストが使用する[デフォルト]を選択することもできます。 さらに、MAC アルゴリズムを全く使用しないように選択することもできます ([なし])。 MAC アルゴリズムを使用しないことを選択した場合、確認ダイアログ ボックスが 表示されます。 デフォルトの MAC の値は [HMAC-SHA1, HMAC-MD5] です。

  • 圧縮

    ドロップダウン メニューから使用する圧縮設定を選択します。 選択できるのは、[zlib] と [なし] です。 デフォルトは、圧縮なしになっています。

  • ターミナル アンサーバック

    ドロップダウン メニューから、使用するターミナル アンサーバックを選択します。 選択できるのは、[ansi]、[vt100]、[vt102]、 [vt220]、[vt320] および [xterm] です。

  • プロキシを介して接続

    プロキシを介して接続する場合、このチェック ボックスをオンにします。 プロキシの設定に関する詳細については、 「プロキシ設定の定義」 の項をご参照ください。

  • トンネルの作成のみ (ターミナルを無効にする)

    指定されたトンネルの設定のみを実行し、ターミナルやファイル転送セッションを 要求しない場合には、[トンネルの作成のみ] チェック ボックスをオンにします。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.

===AUTO_SCHEMA_MARKUP===