SSH Communications Security
PreviousNextUp[目次] [Index]

    著作権表示
    お問合せ先
    本書について>>
    SSH Tectia Clientのインストール >>
    はじめに >>
    SSH Tectia Client の構成 >>
    リモート ホストに接続する>>
    ファイルの転送>>
    アプリケーションのトンネリング>>
    GUIリファレンス>>
    トラブルシューティング >>
    コマンドラインツール >>
        ssh2 >>
        scp2 >>
        sftp2 >>
        ssh-keygen2 >>
            書式
            オプション
        ssh-cmpclient >>
        ssh-certview >>

オプション

次のオプションを使用できます。

  • -b ビット

    鍵の長さをビット数で指定します(デフォルトは2048ビット)。

  • -t dsa|rsa

    鍵の種類を選択します。選択できる鍵の種類は dsa (デフォルト) と rsa です。

  • -c コメント文字列

    鍵のコメント文字列を指定します。

  • -e ファイル

    指定された鍵を編集します。ssh-keygen2 をインタラクティブにします。 鍵のパスフレーズまたはコメントを変更することができます。

  • -p パスフレーズ

    使用されているパスフレーズを指定します。

  • -P

    パスフレーズを指定せずに保存した鍵を指定します。

  • -h | -?

    ssh-keygen2 コマンドの簡単な説明を表示します。

  • -q

    進行状況インジケータを非表示にします。

  • -1 ファイル

    SSH1 形式の鍵を SSH2 形式に変換します。

  • -i ファイル

    ファイルの情報を読み込み、表示します。

  • -D ファイル

    秘密鍵ファイルから公開鍵を取り出します。

  • -B 数値

    鍵の情報を表示するための基数を指定します (デフォルトは 10 です)。

  • -V

    バージョン文字列を表示し、終了します。

  • -r ファイル

    ファイルから乱数プールへエントロピーを加えます。 ファイルが比較的ランダムなデータ(つまり、潜在的攻撃者が 予測できないデータ)を含んでいる場合、プールのランダム性が向上します。 良いランダム性は、鍵生成のセキュリティのために不可欠です。

  • -x ファイル

    秘密鍵を X.509 形式から SSH2 形式に変換します。

  • -k ファイル

    PKCS #12 ファイルを SSH2 形式の証明書と秘密鍵に変換します。

  • -7 ファイル

    PKCS #7 ファイルから証明書を取り出します。

  • -F ファイル

    与えられた公開鍵のフィンガープリントを出力します。フィンガープリントは、 Bubble Babble 形式により表示されます。これにより、実際の文字列のように 読み上げやすくなります。

PreviousNextUp[目次] [Index]


[ サポート | フィードバック | SSH ホーム ページ | SSH 製品 ]

Copyright © 2005 SSH Communications Security Corp.
All rights reserved.